電車の寝過ごしを防ぐ目覚ましアプリ

Android iOS
バイブのみのアラームも設定可能です

少しでもリフレッシュするために、移動時間を睡眠にあてている人も多いかと思います。しかし、寝過ぎて乗り過ごしてしまっては大惨事…。そんな大惨事を防ぐ助けとなってくれるのが「通勤快眠」。電車での乗り過ごし防止を目的とした目覚ましアプリです。

通常の目覚ましアプリは指定した時間にアラームが鳴りますが、電車の遅延があった場合、まだ降車駅に着いていないのに起こされてしまう可能性があります。「通勤快眠」のアラームが鳴る地点は、駅手前100m、200m、500m、1kmと4段階で設定可能。通知される地点が地図上で確認できるので、わかりやすいです。また、アラーム音量をオフにすれば、バイブのみの通知にもできるので、周囲に迷惑をかけることもありません。

このアプリはGPSを利用し、降車駅に近づくとアラームを鳴らす仕組みになっているのがポイント。時間ではなく、目的地までの距離を設定するため、電車のトラブルが起きても、対応してくれます。複数の駅を登録できるので、乗り換えがある場合でも安心です!

通勤や取引先との打ち合わせなど電車での移動時間を睡眠にあてるビジネスマンにとっては必須のアプリなのでは? なお、GPSを利用している関係上、地下鉄など、電波を受信しにくい環境ではアラームが正しく機能しない場合があるのでご注意ください。

アラームの起動範囲を地図から確認できます

この記事で紹介しているアプリ

GPS利用アラーム 乗り過ごし防止 寝過ごし防止 目覚ましアプリ