ファミコン史に残る「名作」をスマホで

Android iOS
エレベーターで地底へ。謎を解きながら秘宝を探索します

1980年代に一世を風靡したファミコン。多くのソフトが発売されましたが、なかでも、「ゲーム史上最弱の主人公」「虚弱体質のヒーロー」と呼ばれる名作が「スペランカー」です。洞窟を探検して、地下深くにある秘宝を目指す、というのがストーリー。ちょっとしたことで主人公がすぐに死んでしまう、難易度の高さでゲーム史に名を残しました。

そんな「スペランカー」をスマートフォンでリバイバルしたのが、「まいにちスペランカー」です。ゲームの内容やビジュアルは、ファミコン時代の同作とまったく同じ。画面上に表示される十字キーと、2つのボタンで主人公のスペランカーを操っていきます。「史上最弱」ゆえの難易度もそのままですが、昔はできなかった「コンティニュー」ができるようになったのがポイント。また、オリジナルの新ステージを、追加購入することも可能です。昔、遊び尽くした人も、また新たな冒険ができますよ!

8ビットなビジュアルと、「史上最弱」と呼ばれてしまったほど未完成な操作性は、1980年代のゲームならではのもの。当時を知っている人も、現代のゲームしか知らない人も、歴史に残る名作に、チャレンジしてみてください。

何かにぶつかるだけでも死んでしまうので要注意!

この記事で紹介しているアプリ

8ビット スペランカー ファミコン 名作