トランシーバー代わりにスマホで無線通信

Android iOS
トークボタンを押すと会話ができます

「◯◯がやられた!」「ちょっとこっちヘルプ!」など、味方といかに情報共有できるかどうか。これがサバゲーの勝敗の鍵を握ります。そこで導入したいのが、スマホを無線代わりに使うトランシーバーアプリ「Zello PTT Walkie Talkie」。

使い方は、グループチャンネルを作成・参加し、トークボタンを押しながら会話するだけ。相手からの音声は、アプリを起動しておくだけで勝手に聞こえてきます。

グループチャンネルによる複数人での通信のほか、友だち登録することで1対1のプライベートな会話も可能です。サバゲーファンの友人に付いてきた初心者が、友人とはぐれた時などにも使えそう。また、会話の履歴もチェックできるので、聞き逃した際の確認もできますよ。

デフォルトではボタンを押しながら会話をする仕様になっていますが、ボタンのタップで会話開始・終了を切り替えることも可能。プッシュ通知のオン/オフや会話中のスクリーンロック、バイブの設定、アカウントの変更などもできるので、状況に合わせて細かくカスタマイズしてみましょう。Bluetoothを使って通信できるので、味方同士が近くにいる状態なら、電波の届かない山奥でも重宝しそう。

海外のアプリですが、日本語にも対応しています。ゲーム開始前に参加者にオススメしてみては?

サバゲー以外にも使えるかも

この記事で紹介しているアプリ

グループトーク サバゲー トランシーバー 無線