BASIC対応の電卓で複雑な計算にチャレンジ!

Android


1970年代の8ビットパソコンの時代から使われていたプログラミング言語BASIC。歴史が長く、古い言語というイメージがありますが、簡単でシンプルなため、初心者向けの言語としても知られています。「【Basic電卓】Basic言語でプログラミングする電卓」は、BASICを使うことができるプログラム電卓アプリ。電卓としての使い方だけでなく、BASICの実践にも役立ちます。

画面はパソコンのインターフェースと同様ですが、基本的なコマンドは画面上部に記載されているものを選び、タップすることで挿入できます。あらかじめBASICの文法や構文を知っておく必要があるので、ひと通り基礎学習を終えた中級者向けのアプリといえるかもしれません。

プログラム電卓は、複雑な計算ができるのが大きな特徴です。プログラムを書いたあと、その場で動作を確認できるので、構文エラーがないかすぐにチェック可能。「Preferences(環境設定)」で「キーボードの選択」をオンにすると自在に入力できます。プログラミングで日本語のコメントを挿入したい場合などは、設定しておきましょう。

プログラミングを学習する際、複雑な概念を理解しなければならず挫折してしまうこともあるでしょう。そんな時には、BASICのようなシンプルな言語から始めてプログラミング自体に慣れてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているアプリ

BASIC プログラミング 電卓