当たるまで延々と…宝くじシミュレーター

Android


普段は興味がない人でも、特定の時期になるとつい気になってしまうのが高額賞金をうたった宝くじ。2億円、3億円の一等賞金はさすがに無理とはわかっていても、1000万円、100万円程度の賞金なら、当たるかもしれないと思うのが人情ですが、実際のところその程度の賞金を手にするために、どれくらいの投資が必要となるのでしょう? そんな疑問に答えてくれるのが、「当てろ2億円!宝くじシミュレーター」です。

2011年の年末ジャンボ宝くじの抽せん結果を完全再現しているのが特徴。画面をタップするたびに宝くじ1枚を購入したとカウントされ、即座に抽せんの結果が判定されます。それまでの購入総額と当せん金額、そして全体の収支や回収率といったデータがリアルタイムで更新されていくのが面白いところ。実際にチャレンジするのにはかなり勇気がいる大量購入も、アプリなら簡単に仮想体験できるので、一種の気晴らしとしても楽しめるのではないでしょうか。

シミュレーションを続けていくことで、画面をタップしなくても自動的に宝くじが購入されていくオートモードが利用できるようになるほか、一定金額以上の当せんが出た場合にポップアップで通知してくれるなど、効率よくシミュレーションするための機能が用意されている点も大きな特徴。シミュレーションを重ねれば重ねるほど、一攫千金はかなり壮大な夢であることが実感できる、このアプリ。ついつい宝くじに夢中になってしまい、財布の中身が寂しくなりがちな人に、勧めてみてもよいのではないでしょうか。

この記事で紹介しているアプリ

シミュレーション 宝くじ 賞金