罹患後に通勤・通学できる日付を算出

Android


悪寒や発熱といった具体的な症状がなくなっても油断してはいけないインフルエンザ。体内にウイルスが残留しているうちに外出をすると、他の人に迷惑をかけてしまう可能性があります。とはいえ「いつから外出してよいか」を自分で判断するのは難しいもの。そこで参考になるのが「いつから学校行っていい?-インフルエンザ-」です。

使い方はとても簡単。調べたい人の年代(幼児、学生、社会人)と発熱した日付、そして熱が下がった日付を選択し「調べる」ボタンをタップすると、学校または会社(人が集まる場所)に出かけても差し支えがない日付を教えてくれます。項目はすべてメニューから選択できるようになっているので、体調がすぐれないときでも使いやすいのではないでしょうか。

アプリの解説画面によれば、いつから学校、会社に行ってもよいかを判断する基準は2012年4月に改正された学校保健安全法の内容に準拠しているとのこと。とはいえ、診断結果はあくまでも参考程度するのがベター。医療機関の診断を優先させましょう。

この記事で紹介しているアプリ

インフルエンザ 出社判断 学校保健安全