LINEの履歴をExcel形式でバックアップ

Android


スマホの機種変更や紛失時、LINEのトーク履歴が消えてしまって悲しんだ経験はありませんか。履歴の保存はLINEアプリからも可能ですが、単純なテキスト、もしくは、LINE専用のデータでしか保存できず、見返すのは少し面倒…。そんな問題を解決してくれるのが、こちらのアプリです。

「Backup Text for LINE」は、LINEのトーク履歴をテキストデータのほか、CSVやExcel、HTML形式で保存でき、見返したり加工したりすることも可能になります。

データの抽出方法は、LINEの公式アプリ経由で行います。まずトーク画面を起動し、トーク設定画面の「トーク履歴をバックアップ」の項目をタップした後、「テキストでバックアップ」を選択。本アプリをインストールしている場合は、アプリ名が表示されるので、そこからアプリを起動してください。

データ形式のほか、期間、メッセージの種類(送信・受信)も選べます。バックアップの設定を終えたら「Export to」で保存先を選択すれば完了。データの送り先のメールアドレスや、HTMLやCSV、Excelなど保存形式も選択できるので、必要に応じて設定しておきましょう。

トーク履歴が消えて後悔する前に、こまめにバックアップを取ることをおすすめします。

この記事で紹介しているアプリ

LINE バックアップ 履歴