健康診断の結果をアプリに保存!

Android iOS


年に1度の健康診断。「異常なし」の文字を見てホッと一安心する人も多いと思いますが、昨年と比べてどうだったかなど、毎年の変化を観察することも大切です。その年は基準値内であるものの、数値が徐々に悪化する…なんてことは避けたいはず。「CARADA 健診手帳」で、健康診断の結果を記録して、過去と現在を比較してみましょう。

まずは、健康診断の結果用紙をスマホのカメラで撮影して、アップロードします。アプリに対応している用紙の場合、QRコードが記載されているので、それを読み取るだけでOK。カメラで撮影した場合は1~5日後、QRコードの場合はすぐに健康診断の結果がデータ化され、アプリ上で確認できるようになります。

自分の数値が基準値と比べてどうなのか、ひと目で判別。正常値であれば緑色、異常値は赤色で表示してくれるので、直感的に不調の項目を把握することができます。わかりにくい検査項目の説明や改善ポイントを解説したコラムが掲載されている点もうれしいポイントです。

診断結果を記録し続けていくと、推移グラフが表示。グラフは過去の値と比較するのに役立つとともに、基準値の範囲もひと目で分かるようなります。基準値の範囲内ギリギリになっている項目は、特に注意してみてください。

その年の健康診断の結果だけに一喜一憂せずに、傾向を見ながら、日々の健康管理に活用しましょう。

この記事で紹介しているアプリ

健康管理 健康診断 記録