雨降りそう?ARで周辺の雨雲をチェック

Android iOS


急な雨に降られてずぶ濡れになった、という悲惨な経験をした人は多いのではないでしょうか。雨が降るか、「ちょっと怪しいな…」と感じたら、このアプリを使ってみましょう。

「Go雨! 探知機 -XバンドMPレーダ-」は、カメラをかざした半径5km、または10km圏内の雨雲や雷の様子が表示されるお天気アプリ。周辺の雨雲の状況を把握することができれば、カサを用意したり、地下や喫茶店へ避難したりできるでしょう。

アプリを起動すると、カメラが立ち上がるので、スマホを上に向けて空を見てみましょう。降水量に応じて、水色やピンク色などの色が表示され、雨の強さを直感的に把握できます。遠くの雨雲が、こちらに迫ってくるものなのか事前に予測もできますし、カメラを真上に向ければ現在位置の雨雲を確認でき、外の様子が確認できない室内からも利用できます。

また、画面下部の「雷モード」をオンにすると、雷が発生している場所をチェック可能になります。雨雲のレーダーと雷モードは1分ごとに情報が更新されます。ゲリラ豪雨が頻繁に発生する時期は、こまめにチェックするのがオススメです。

日本の場合、雨雲は偏西風の影響で基本的に西から東へと流れていくことが多いです。本アプリで西の空をチェックし、雨雲が迫っている場合はもうすぐ雨が降るなどと予想して、早めに対策してください。

この記事で紹介しているアプリ

AR(拡張現実) 天気予報 雨雲