Wikipediaをマインドマップで閲覧

iOS


Wikipediaを見ていると、文章中のリンクや関連項目に出てくる人物や作品名、キーワードなどに興味が出ることはないでしょうか。そのまま読み進めていくと、止まらない…なんてこともありますよね。そんな経験がある人にオススメなのが、「WikiLinks ‐ 高性能で素晴らしいウィキペディアリーダー」。特定のWikipediaページから関連記事をマインドマップ形式で表示するWikipediaリーダーです。

まず、画面下の検索ボタンから調べたいワードを検索しましょう。ページはスマホに最適化されたデザインで表示されるので、かなり見やすいですね。画面右上のメニューボタンからは、各項目へジャンプできるページ内リンク機能が搭載されています。さらに、画像の閲覧やYouTubeでの検索、ブックマーク、記事内検索、現在地周辺の地名・観光地記事の検索もでき、効率よく調べものをするのに役立つでしょう。

記事内のリンクから別の記事を読み進めると、関連するキーワードがマインドマップ形式で表示されるので画面下部のマップアイコンをタップしてみてください。読み進めるほどマインドマップが広がっていくのが見えて、それだけでも楽しいですよ。

この記事で紹介しているアプリ

Wikipedia ウィキペディアリーダー マインドマップ