SNSでの炎上を防ぐ5つの機能を搭載!

Android

SNS炎上報知器

¥0 Yukari Development Team
もってる!!
2 人が
もっています
GooglePlayでダウンロード
off_000236_3i


TwitterやFacebookなどのSNSは、特に閲覧制限をしていなければ世界中の人が投稿内容を見ることができます。そのため、思ったことをすぐに投稿できる気軽さから、ひょんなことで炎上を引き起こしてしまうかもしれません。起こってしまってから火消しを行うのは大変…。TwitterやFacebook をよく使う人は、「SNS炎上報知器」を使って未然に防ぐようにしましょう。

このアプリは、炎上しないような対策、または万が一炎上した時でも、早期に収束できるような機能が搭載されているアプリ。SNSの公開設定を点検し、設定の不備を見つける「公開情報チェック」や、ツイートを解析し炎上につながりやすいワードを探す「NGワードチェック」、ツイートが炎上していないか常に監視する「炎上検知」、TwitterアカウントからFacebookアカウントが特定される可能性があるか調査する「比較」、投稿に個人情報が含まれていないかを確認する「個人情報検出」の5つの機能が搭載されています。

アプリ起動後、TwitterとFacebookにログインすると、各アカウントの投稿の解析が始まります。画面右上のアイコンを押して、それぞれのアカウントやアカウント同士の「比較」をチェックしてみてください。Twitterの場合、「NGワード編集」で、SNSに投稿を禁止する言葉を編集できます。デフォルトで指定されているワードの削除や変更、新たなワードの追加をしましょう。

設定が完了したら、TwitterやFacebookの投稿を自動でチェックして、「NGワードが検出されました」「リプライが批判的です」など、炎上につながる可能性を判断し、通知してくれるようになります。

炎上は誰しも避けたいものですが、本人が炎上する原因に気づかないことも多いはず。本アプリを活用して、TwitterとFacebookの炎上を未然に防ぎましょう。

この記事で紹介しているアプリ

¥0 Yukari Development Team
もってる!!
2 人が
もっています
GooglePlayでダウンロード
off_000236_3i
NGワード SNS 炎上