スマホとテレビをつなぐChromecast活用アプリ

Android iOS
イラスト/大串ゆうじ

HDMI端子に接続し簡単な初期設定の操作を行うだけで、パソコンやスマートフォン向けのコンテンツを大画面テレビで楽しむことができるChromecast。5000円弱と価格も手ごろなことから、家電店でも人気商品のひとつになっています。しかし、動画を見るだけのためにChromecastを買うのは…とためらっている人も多いはず。そこで今回は、Chromecastの性能を最大限に活用するためのアプリをご紹介しましょう。

まずご紹介するのは、動画だけでなく音楽や写真の再生もできるChromecast向けアプリの定番的存在「LocalCast for Chromecast/DLNA」。端末に保存されたものはもちろん、DLNA対応機器内のコンテンツを呼び出して再生することもできるスグレモノです。

Chromecastのメイン機能ともいえるYouTube動画の視聴をより快適にするなら、YouTube公式アプリのほかに「AutoUTube for Chromecast」も用意しておきたいところ。指定したキーワードに関連する動画を検索し、自動で連続再生してくれるアプリです。テレビのようにダラダラとYouTubeを楽しみたい人には、かなり重宝するのではないでしょうか。

日本では数少ない、Chromecastに対応する動画配信サービスの公式アプリ「dビデオ -映画、ドラマ、BeeTV 動画ならディービデオ-」も、オススメのひとつ。docomoIDを取得すれば、ドコモ以外の回線を利用している人でも定額で動画が見放題になります。帰宅途中にスマートフォンで見ていたコンテンツの続きを、家に帰ってから大画面テレビで見るといった楽しみ方ができるのは、大きな魅力といえるでしょう。

「でも結局、Chromecastって動画を見るだけなんでしょう?」と思ったアナタには、「UnoCast for Chromecast」を使ってみてほしいところ。大画面テレビとスマートフォンを連携させ、「UNO」風なカードゲームが楽しめるアプリです。マルチプレイヤー対応なので、友だちと一緒に遊べば、盛り上がること必至ですよ!

そして最後にご紹介するのが、小さなお子さんと遊ぶ際にも役立つ「CastPad for Chromecast」。Chromecastを接続したテレビが、お絵描きボードになっちゃう楽しいアプリです。描いた絵をメールで送信したりSNSに投稿することもできるので、アイデア次第で様々な活用ができるのではないでしょうか。

以上、動画を見るくらいの役にしか立たないと思っていた人には驚きのアプリばかり。すでにChromecastを使っている人でも、知らないものがあったのでは? テレビとつながることで広がるスマートフォンの可能性を、たっぷり堪能してくださいね!

このテーマで紹介しているアプリ

Chromecast HDMI端子 動画配信サービス 大画面テレビ