冬ごもりに最適! 読み応えのある書籍系アプリ

Android iOS
イラスト/もりいくすお

北風がビュービューと吹きすさび、コンビニに出ることすらおっくうなこの季節。できることなら、なるべく外に出ず、部屋の中でじっくりと楽しめる趣味に没頭したいものですよね? そこで今回は、インドア系趣味の王者ともいえる「読書」にスポットを当て、ジャンルを問わず読み応えを感じさせてくれる電子書籍や周辺アプリをご紹介しましょう。

まずご紹介したいのが、ダントツの読み応えを誇る辞典アプリの「山川 世界史小辞典 改訂新版 (山川出版社)」。教科書や参考書で知られる山川出版社の世界史辞典です。解説文がハイパーテキストになっており、知識の幅をどんどん広げられるのがよいところ。揺れ動く世界情勢を知る手がかりとしても役立ってくれるでしょう。

長編コミックをガッツリと読みまくりたい人にぜひチェックしてほしいのが「無料でコミックが全巻読み放題!マンガデイズ」。『ハイスクール奇面組』など80年代の名作コミックを全巻無料で読むことができる、かなりお得なアプリです。

深遠な宇宙の世界を、より深く理解したいという人は「竹内薫の宇宙学ドリル」がオススメ。フリーマガジン『R25』から生まれた、宇宙学をテーマにした電子書籍。竹内薫氏による宇宙に関するコラムのほか、宇宙の謎に挑戦できるクイズも収録。楽しみながら宇宙に詳しくなれる、おトクな一冊です。

ビジュアル面でも読み応えを求めたいのであれば、心癒やされる美しい熱帯魚たちの姿が堪能できる「アクアリウムの熱帯魚図鑑 ATLAS500」。観賞魚として流通する熱帯魚500種を収録した図鑑アプリです。美しい熱帯魚の写真だけを楽しむギャラリーモードが用意されている点が特徴。初心者にも役立つ飼育に関する情報も満載されています。

そして最後にご紹介するのが、古典から近代文学まで、過去の名作を読みまくりたい人には必携となる「青空読手 / 青空文庫の名著を軽快に楽しむ無料電子書籍アプリ」。夏目漱石や太宰治など、著作権が切れた作家の作品を無料で公開している「青空文庫」を利用するためのビューワーアプリです。読みたい作家の作品が読めるのはもちろん、ダウンロード数が多い人気作をチェックできる点も便利なところです。

これさえチェックしておけば、春が来るまで退屈せずにすむかも! 寒い日には無茶をせず、こたつや布団の中でヌクヌクと楽しんでくださいね。

このテーマで紹介しているアプリ

マンガ 書籍系アプリ 読書 電子書籍