備えあれば憂いなし! 災害対策アプリ

Android iOS
イラスト/村林タカノブ

東日本大震災を契機に、より身近なものとなっているのが防災対策。非常持ち出し袋の用意など、身の回りの対策はもちろん、スマートフォンの防災策もしっかり行っておきたいところ。そこで今回は、地震をはじめとする災害への備えに役立つアプリをご紹介しましょう。

地震の情報を素早く、詳しくキャッチしたいなら「なまず速報 β」がオススメ。気象庁が発表する地震速報を、プッシュ通知してくれる災害対策アプリです。緊急地震速報の受信に対応していないスマートフォンには欠かせないもの。震源地、震源の深さなど地震に関する詳しい情報も参照できます。

誰かの助けを借りたいときには、「SOSホイッスル」がきっと役立ってくれるはず。けがなどで大きな声が出せないとき、周囲に自分の存在を知らせるアプリです。ボタンをタップすると、甲高いホイッスルの音が響き渡ります。防犯にも役立ちそうですね。

救急車が来るまでの救命、応急手当に関する情報を知りたければ「救命・応急手当の基礎知識forポケットメディカ」を参照しましょう。症状やけがの種類別で、最適な応急手当の方法を参照することができるアプリです。救命、応急手当の方法だけでなく、正しく救急車を呼ぶ手順も紹介。災害発生時に頼りになること間違いなしです。

大事な通話を誤操作で中断させたくない場合は、「電話切断防止シールド」が便利。通話画面上に透過性のフィルターを表示することで画面をガードし、誤操作で通話が切れてしまうことを防いでくれるお役立ちアプリです。電話がつながりにくい災害時に、うっかり操作で大事な通話が途切れてしまわないよう備えておきましょう。

そして最後にご紹介するのが、地震や台風など各種の災害情報を迅速にキャッチすることができる「防災速報 – 地震、津波、豪雨など、災害情報をいち早くお届け」。災害情報の対象となる地域を3つまで設定できるので、自宅周辺だけでなく遠くに住む親族や勤務先の災害情報もまとめてチェックすることができます。

以上、どのアプリもすぐに使えるように常備しておきたいところ。備えあれば憂いなしということわざもあるよう、万が一に備え、まずはアプリから防災の準備をしておきましょう。

このテーマで紹介しているアプリ

地震速報 災害対策 防災対策