大画面をフル活用するアプリ5選

Android iOS
イラスト/大串ゆうじ

新機種が発表されるたびに、大画面化が進むスマートフォン。大きなディスプレイは、動画コンテンツを楽しんだり、電子書籍を読んだりするには便利なものの、一方で指が届かず片手での操作が困難になるなどのデメリットがあるのも事実…。そこで、不便さを解消して大画面をフル活用するためのアプリを紹介します!

まずは「Edge – Quick Actions」。頻繁に使うアプリのショートカットをホーム画面に並べたいけど指が届かない…なんて時に便利なサブランチャーアプリ。スワイプ操作でよく使うアプリを簡単に起動し、指が届く範囲で、アプリの起動操作ができてしまうスグレモノです。

【指に吸い付く操作感!】Subランチャー」も、スワイプ操作で機能を呼び出すサブランチャーアプリ。シンプルな「Edge」に比べ、より多くの機能を搭載。アプリだけでなくウィジェットの起動にも対応しています。デザインや機能のカスタマイズ性が高いのも特徴で、自分好みのインターフェースを作り出すことができます。

ウェブサイトを見やすくしたいなら、「jigbrowser+ シンプルで高速なWebブラウザ」がオススメ。メニュー操作やウェブページのクリップなど、よく使う操作をすべて片手でできるように設計されたブラウザアプリです。アプリのホーム画面をカスタマイズすれば、お気に入りのサイトに素早くアクセスすることができます!

動画視聴も大画面を存分に楽しむ方法のひとつ。画面サイズを最大化して臨場感たっぷりに動画を観られるのはうれしいですが、観ながら別の作業もしたい…と思ったことはありませんか? 「GPlayer」は、フローティングウィンドウと呼ばれる小窓で動画を表示できるアプリ。ブラウザやメール作成画面を開いたまま、動画視聴をすることが可能です!

最後は「たいぷぅ – タッチタイピングゲーム」。スマートフォンの文字入力に欠かせないフリック入力も、画面の大型化とともに片手操作がしづらくなっているもの。ならば、タイピングゲームを使って「両手入力」の練習をしてはいかがでしょうか? フリック入力は両手操作と相性がよく、より早く文章を打てるようになりますよ!

せっかく大画面のスマートフォンを使っているなら、十分に活用しなければもったいない。これらのアプリを使って、大画面のメリットをフルに活かしてください!

このテーマで紹介しているアプリ

サブランチャー 動画視聴 大画面