スキルUPに!プログラミング学習アプリ5選

Android iOS


現在、IT人材の不足が問題となっています。経済産業省によると、2020年には36.9万人、2030年には78.9万人の人材が不足すると予測されており、文部科学省では2020年より、小学校でのプログラミング教育の必修化が検討されています。今後は、本格的なスキルでなくとも、エンジニアやプログラマーのスキルの一端を知ることで、キャリアアップや転職に有利となるでしょう。今回は、プログラミング学習に役立つアプリを紹介します。

まず、プログラミングを勉強する前に、前提となるアルゴリズムを学んでみてはいかがでしょうか。アルゴリズムとは、「何を」「どのような順番で」「どう処理する」といった、問題解決のための方法や手順のこと。入門に最適な「アルゴリズム図鑑」は、アニメーションを使って分かりやすく解説。実は経験者もアルゴリズムを理解していない場合もあるのだとか。プログラミングを学習する前に基礎固めをしておきましょう!

プログラミングといっても、Webサイトやアプリなど作成するものによって、使う言語は様々。どんなプログラミング言語があるのか、アプリ「プログラミング言語」で調べてみましょう。掲載されているのは、187種類。それぞれの特徴がまとめられているので、比較しながら学習する言語を検討してみてください。音声読み上げ機能も搭載されており、ラジオ感覚でも学べますよ。

学習する言語を決めたら、「Schoo -Web業界で働くためのオンライン動画学習アプリ」で、動画による学習を始めましょう。プログラミングをはじめとする1500以上の授業があるので、自分が勉強したい分野も見つかるはず。なかなか時間が取れない人でも、手軽に、かつ効率的に学習を進められます。

Webサイトからゲーム、アプリなど様々なものが開発できる「Java」。この言語の学習には、「とほほのJava入門」をインストールしておくと便利です。目的別の項目を選択しながら解説を確認することが可能。単語別の索引から辞書のような使い方もできるので、Javaの中級~上級者にもオススメです。

プログラミング言語のなかでも古い部類のBASIC。「【Basic電卓】Basic言語でプログラミングする電卓」は、文法や構文を学習した後の中級者が実際にプログラミングを試すのにオススメのアプリです。学習した知識を使って、複雑な計算にチャレンジしてみましょう。

プログラミングスキルを手に入れることは、キャリアアップだけでなく、問題解決や論理的思考、プログラマーやエンジニアとの円滑なコミュニケーションにも役立つはず。どんな業界、どんな業種にも役立つスキルを、これらのアプリを活用して身につけましょう。

このテーマで紹介しているアプリ

キャリアアップ スキルアップ プログラミング学習