アラサー歓喜!? 懐かしの90年代ゲーム5選

Android iOS


1990年代といえば、スーパーファミコンやセガサターン、プレイステーション、ニンテンドー64と家庭用ゲーム機の“黄金時代”。子どもの頃にやり込んだ記憶が色褪せることなく残っている人も多いでしょう。現在、そんなゲームがスマホアプリとして移植されたり、リニューアルされたりしているのをご存じですか? 今回は、特にアラサー世代が懐かしく感じるゲームアプリをご紹介しましょう。

『東京ラブストーリー』や『101回目のプロポーズ』といった名作ドラマが生まれた1991年。資産を増やすことを目的としたボードゲーム「いただきストリート」のシリーズ第1作が発売されました。そんな“いたスト”のアプリ版が「いただきストリート for SMARTPHONE わたしのお店にタッチして!」。同シリーズのルールを踏襲しており、物件の購入や株の取引で、ライバルより多くの資産を集めることを目指します。

ゲーム史にその名を残す家庭用ゲーム機「プレイステーション」と「セガサターン」が登場した1994年。元祖サウンドノベルと呼ばれているスーパーファミコン用ゲーム「かまいたちの夜」第1作も発売されました。「かまいたちの夜 Smart Sound Novel」は、1作目のストーリーを全編収録したスマホ用に最適化したゲームアプリ。恐怖に震えた当時を思い返しつつ、プレイしてみては?

ルーズソックスやナイキのエアマックスが大ブームを巻き起こした1996年。特殊工作部隊の一員として反乱軍と戦う、2Dアクションシューティング「メタスラ」こと「METAL SLUG」が、この年にリリースされました。シリーズ第1作のネオジオ版は、スマホアプリ「METAL SLUG」に完全移植されています。

世界中で愛されているRPG「ファイナルファンタジー」シリーズ。その第7作であり、全世界で1100万本を超える売上本数を誇る「FINAL FANTASY VII」は、消費税が5%に引き上げられた1997年に発売されました。アプリ版では、画面を邪魔しないようコントローラが工夫されており、存分にストーリーを堪能できるでしょう。

冬季長野オリンピックが開催し、サッカー日本代表が初めてワールドカップに出場した1998年。対戦格闘ゲーム「THE KING OF FIGHTERS ’98」が、アーケードゲームとして稼働し始めました。オリジナルを忠実に再現した復刻版アプリ「THE KING OF FIGHTERS ’98」は、懐かしい画面とBGMやボイス、必殺技が楽しめます。

懐かしさを感じるこれらのゲームに興じつつ、当時に思いを馳せるのも、たまにはよいかもしれません。

このテーマで紹介しているアプリ

アラサー世代 家庭用ゲーム 懐かしいゲーム