開運?! 宝くじ購入者に便利なアプリ5選

Android iOS


一年を締めくくる風物詩ともいえる、年末ジャンボ宝くじ。年の瀬を迎えると“夢を買う”つもりで、各種の宝くじやロト、ナンバーズなどに挑戦してみたくなる人も増えるはず。そこで今回は、宝くじやロトにまつわる便利&楽しいアプリを紹介しましょう。

まずは「宝くじロトチェック」から。ジャンボ宝くじをはじめとする、ほぼすべての宝くじに加え、ロトやナンバーズにも対応している、当せん結果確認アプリです。2014年以降の結果がわかるので、過去に買って確認を忘れていたくじのチェックができるのもよいところ。結果一覧が確認できるほか、番号を入力し1枚ずつチェックすることも可能です。

販売所でも告知をしているように、宝くじを買う際には、いわゆる「吉日」を選ぶのが良しとされています。大安くらいなら普通のカレンダーでも確認できますが、それ以上のラッキーデーを知りたい場合は「レア吉日通知 -カレンダー&通知で貴重な開運日を見逃し防止!」を使いましょう。大安はもちろん、一年に数回しかない、“一粒万倍日”“天赦日”“寅の日”といったレアな吉日について、指定したタイミングで通知してくれるスグレモノです。

吉日選びができるようになったら、次は自分の運を「目指せ!宝くじ高額当選!ねこの運だめしゲーム」でチェックしてみては? 10枚のうち1枚だけ潜んでいる「ハズレ」を避けてカードを引くことができた回数によって、あなたの現在の強運度を教えてくれるアプリです。強運度を宝くじの当せん確率にたとえて教えてくれるのが便利なところ。万が一、高額当せんできる運の強さなら、すぐに売り場へ向かったほうがいいかも?

とはいえ、実際に宝くじで高額賞金を当たるのが、どれくらいの確率なのかを知っている人は少ないはず。「当てろ2億円!宝くじシミュレーター」を使えば、実際に購入しなくても、宝くじを大量購入した結果をシミュレートすることができます。高額当せんがどれだけ難しいことかをシミュレーターで確認しておけば、冷静な気持ちで購入枚数を決めることができるでしょう。

最後に紹介する「リアル宝くじシミュレーター」も、宝くじの当せん確率をシミュレーションしてくれるアプリですが、こちらは購入資金を得るためにアプリ内で「仕事」をしなければいけないのが特徴。宝くじを一定額買い続けた場合どれくらい回収できるのか、購入資金を貯金すると、どれくらいの買い物ができるのかといったことがリアルにわかるので、ある意味「夢」を買いたい人には不向きなアプリかもしれませんね。

夢中になってしまう気持ちはわかりますが、当せん確率を把握しながらバランスよく楽しむのが宝くじのコツ。これらのアプリを活用し、健全な範囲で「夢」を楽しみましょう。

このテーマで紹介しているアプリ

ジャンボ宝くじ ナンバーズ ロト 当せん確率