騙して隠す!?ピンチに役立つ「偽装アプリ」5選

Android iOS


できるのであれば、嘘はつきたくないものです。しかしながら、後ろめたいことと分かっていながら、どうしても嘘をついたり隠しごとをしたりしなければならないという場面に出くわすことがあるのかもしれません。積極的にはオススメできませんが、そんな場面を上手に切り抜けるためのアプリを使って、ピンチを乗り越えしょう。

まず紹介したいのは、着信を偽装するアプリ「偽電話」。面倒な上司との飲み会や退屈な会議、家族からの説教タイムなど、仕事でもプライベートでも何かしら理由をつけてその場を離れたいことがあるはず。このアプリなら、発信者の名前や画像などをあらかじめ指定しておき、いざ着信を使いたくなる場面に出くわしたら時間を設定して着信を鳴らすことが可能です。

周りに知られたくない相手からの着信やメッセージを隠したい人には「プライベートスペース 無料版 (プライバシー SMSと通話)」がオススメです。特定の相手の連絡先、通話、メッセージの通知を偽名で表示します。設定した人の情報は、電話アプリ上に表示されなくなり、本アプリ内でのみ確認できます。発信や送信の履歴も残りません。

スマホのロック画面に表示される通知を偽装したい時は「偽ロック画面 – 偽のロック画面を作ってみてください。」が有効。人物名やメッセージの抜粋文を入力して、偽の通知を並べることができます。異性からのメールでモテをアピールしたり、SNSからのいいね!通知で人気者感を演出したりするなど、他人へのドッキリや「リア充」偽装ツールとしても使えるでしょう。

ちょっと怪しいウェブサービスの新規会員登録時など、普段使っているメールアドレスを登録するのが不安な場合は、「捨てメアド 【メルアドぽいぽい】 – メルアドを無限に作成!」で、登録用のメールアドレスを作成してみてはいかがでしょうか。使い捨てメールアドレス、いわゆる捨てアドを作成するためのアプリです。作成したメールアドレスはアプリ内で送受信メールを管理することができます。

絶対に見られたくない写真や動画を保存している人にオススメしたいのは、「電卓写真&ビデオボールト」。一見電卓アプリのようですが、パスコードを入力することで、プライベートな写真や動画の管理アプリに早変わり! 秘密の相手との思い出やキメキメの姿で映した恥ずかしい自撮り写真など、隠しておきたい写真や動画を保管しておきましょう。

一歩間違えると、人間関係を壊してしまうピンチの場面、そんな時これらのアプリが助けてくれるかもしれません。なお、アプリを使用したことにより、人間関係がより悪化してしまった場合は責任を負いかねます。了承した方のみご活用ください。

このテーマで紹介しているアプリ

フェイク 偽装アプリ