流行中!インフルエンザ対策アプリ5選

Android iOS


例年よりも早めに流行が始まった2016~2017年シーズンのインフルエンザ。対策を行っていない人はもちろん、すでに予防接種を終えた人でも適切な対策をしておかないと、罹患したり他の人にうつしたりしてしまう恐れがあるのは言うまでもありません。そこで今回は、最新リリースもしくは最近アップデートされたものの中から、インフルエンザ対策に役立つアプリを紹介しましょう。

まず紹介したいのが、インフルエンザ対策の必携アプリといっても過言ではない「インフルエンザアラート – お天気ナビゲータ」。指定した地域の気温や湿度、その他の気象条件から、独自に算出したインフルエンザ警戒指数を教えてくれるアプリです。一定以上の警戒レベルになった場合、アラームやポップアップ画面で緊急通知してくれるので、マスクを着用したり不要な外出を避けたりといった対策をとれるようになる点が魅力となっています

手洗いやうがいは欠かさず行っていても、その他にどう対策すればいいかわからないという人も多いはず。そこで役立つのが「インフルエンザ予防対策誰でも未然に防げます」。クイズ形式でインフルエンザ対策について学ぶことができるアプリです。インフルエンザから自分の身を守るため、基礎的な対策を再点検しておきましょう。

インフルエンザ対策の基本として、大半の人が実践しているはずの手洗いとマスク着用。しかし、手洗いやマスク着用の「正しい手順」を知っている人は意外と少ないのでは? 心配になったら「ARで知る!インフルエンザ」を使ってみましょう。手洗い、マスク着用の正しい手順だけでなく、インフルエンザ対策全般に関するわかりやすい解説も参照できるアプリです。

適切な対策を行えば絶対安心、というわけではないのがインフルエンザの怖いところ。いざという時に備え、自宅や会社の周囲にある信頼できる医療機関を探しておくことも大切です。「Clic(クリック)全国病院検索‐病院・医院・クリニック」を使えば、所在地だけでなく診察時間などの条件で医療機関を検索することが可能。口コミ情報も充実しているので、納得のいく医療機関選びができるのではないでしょうか。

自分の身を守ることだけがインフルエンザ対策ではありません。罹患してしまった場合は、ほかの人に迷惑をかけないようにするのも重要なマナー。「いつから学校行っていい?-インフルエンザ-」を使えば、熱が下がってから通勤や通学をしても差し支えないと考えられる、具体的な日付を知ることができます。

以上、これらのアプリを用意すれば基本的な対策はバッチリ。とはいえ、いちばん大事なのは日頃から体調を整えること。また、少しでも異変を感じたら、すぐ医療機関に相談するなど、適切な措置をとるようにしましょう。

このテーマで紹介しているアプリ

¥0 産業衛生ソフトウェア
もってる!!
2 人が
もっています
GooglePlayでダウンロード
on_000226_5i
インフルエンザ インフルエンザ対策 風邪予防