ほっこり温まる!? “鍋モチーフ”ゲーム5選

Android iOS


寄せ鍋や水炊き、モツ鍋、すき焼き、おでん、火鍋と、凍えるような寒い冬でもお鍋を囲めば、身も心もほっこりと温まります。そんなホッとする気分を、スマホでも味わってみてはいかがでしょうか。今回は、お鍋をモチーフにしたスマホゲームを紹介します。

まずは、「マタギの鍋」。主人公は猟師団の団長で、病に倒れた娘のために“最高の鍋”を作ろうと決意し、旅に出るというストーリー。味方の猟師団と敵の獣が交互に行動し、攻撃して倒したり、回避したりしながら進む戦略的な要素が楽しいターン制のシミュレーションRPG。最高の鍋の素材となる“幻獣”の肉を求めながら、バトルで倒した獣の鍋を食べながら進む武闘派な鍋ゲームです。

土鍋の中で、ねこが身を丸くして眠る“ねこ鍋”はネット動画などで流行りましたね。これをモチーフとしているアプリが「ネコなべのレシピ~ねこ鍋~」。土鍋にスープと具材を入れて煮込んだまま放置すると、そこからねこが生まれるという不思議でゆるい世界観が特徴の放置ゲームです。グツグツと生まれてくるねこの姿と声に癒やされて、心まで温まること間違いなしです。

ふつふつと沸く鍋に入れて作るゆでたまご。収集ゲーム「おっさんたまご」は、鍋でおっさんの顔をしたゆでたまご風のゆるキャラを茹でて、集めるゲームです。茹で終わり、カラをむくと現れる“おっさんたまご”は200種以上おり、コレクション要素もバッチリ! 鍋の中に敷き詰められたおっさんたまごの画はシュールです。

辛さが特徴の火鍋。中国風のBGMが中華料理店を連想させる「火鍋達人」では、辛そうな真っ赤なスープの中の豆腐やつみれといった食材のキャラクターを箸でつかみ、そのスコアを競います。操作はワンタップのみと、手軽に遊べるのも魅力的です。

福岡県の郷土料理として知られる、モツ鍋。「MOTU Season1 ~モツの叫ぶ夜~」は、そんなモツ鍋屋を舞台に、ホール担当の女将が聞いた3つの注文のうち「モツ鍋」だけを選んでタップするというシンプルなゲームです。注文を受けてからタップするまでの早さで売上が変わるので、瞬発力と集中力が必要。脳トレにもオススメです。

食べておいしいだけじゃなく、体を温める効果もあるお鍋。これらのアプリで、寒い冬にホッと一息、ほっこり温まってみてはいかがでしょうか。

このテーマで紹介しているアプリ

お鍋 スマホゲーム 鍋ゲー