まだ間に合う!スマホ年賀状2017

Android iOS


忙しい師走に、年賀状作りの時間を確保するのはなかなか難しいものです。結局出すのをやめてしまった人も多いのでは? しかし、今やアプリを活用し、想像以上に手軽に年賀状を作成できることをご存じでしょうか。今回は、便利な年賀状アプリを紹介します。

まずは、はがきの購入、デザイン決め、宛名書き、投函まで全てを1つのアプリで完結できる日本郵便公式アプリ「はがきデザインキット2017|年賀状、ポストカードを簡単印刷」。300種類のデザインテンプレートから好みのものを選択し、手軽に年賀状作りが行えます。

オリジナリティのあるオシャレな年賀状を作りたいという人には、「スマホで写真年賀状2017 おしゃれなはがき無料作成アプリ」がオススメ。スマホで撮影した写真を使って、パソコンを使わずに写真入り年賀状を作ることができます。複数枚の写真を自動でレイアウトしてくれるデザインテンプレートも用意されていますよ。

おもちや干支の絵に、「あけましておめでとう」「今年もよろしくお願いします」とメッセージを付けたデザインなど、つい定型化しがちな年賀状。マンネリ打破のため、今年は趣向を変えて、QRコードを使った“動く年賀状”に挑戦してみてはいかがでしょうか。アプリ「動画で年賀状」では、年賀状にスマホをかざすと写真が動き出すといった仕掛けを組み込むことができます。これなら送った人に驚いてもらえること間違いなしです。

年賀状作りの中でも、特に面倒な作業といえば宛名書き。住所をひとりずつ調べながら宛名を書くのは大変です…。アプリ「住所のみ録」を使えば、スマホに保存されている電話帳データから、名前と住所だけを抽出し、住所録の一覧として表示されるので、作業の効率が上がります。

年賀はがきは出さないけれど、単なる“あけおめメール”では味気なく感じる人もいるでしょう。そんな人は、LINE公式アプリ「LINE Greeting Card」で挨拶状を送ってみてはいかがでしょうか。テンプレートを選択してメッセージや画像を送ることができるので、簡易的にも年賀状を送った気分が味わえます。

送る人が少なくなったと言われる今だからこそ、年賀状を送ると強く印象が残るものです。これらのアプリを利用して、手軽に年賀状を送ってみてはいかがでしょうか。

このテーマで紹介しているアプリ