既読回避も! LINEをより便利にするアプリ5選

Android iOS


友人とのコミュニケーションだけでなく、レストランの予約、マンガの閲覧、待ち合わせの位置情報共有まで、様々な使い方ができるLINE。起動しない日はないという人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなLINEをより活用するためのアプリを紹介します。

まずは、LINEのやり取りで気になる「既読マーク」対策アプリから。既読機能は便利な反面、メッセージを読んだことが相手に伝わるため、すぐに返事をしないといけない気持ちになる人は多いでしょう。そんな時にオススメなのが、「既読回避サポーター」。既読をつけることなくメッセージを読むことができるアプリです。既読マークをつけずにじっくりと返信の内容を考えたい場合は、このアプリを活用してみましょう。

グループトークによる通知の連発に鬱陶しさを覚える人は、「通知制御 for LINE」を利用してみては? 通知を一定時間ミュートにしたり、複数の通知を一度にまとめたりすることができます。未読メッセージを最大7件まで表示する機能もあり、通知欄からメッセージを逃さずチェックすることも可能です。

LINEは通常、1台のスマホに1つのアカウントしか登録できませんが、“プライベート用・ビジネス用”など、複数のアカウントを使い分けたい人もいるでしょう。そんな時は「Parallel Space-マルチアカウント」を使えば、複数のLINEアカウントを持つことが可能です。これなら仕事相手と友人に間違えてメッセージを送ってしまうといった失敗を防げますね。

「カレンダーへ会議の予定を追加したら同僚のLINEグループへお知らせする」「明日着る服を決めるために、前日の夜に天気を確認する」など、定期的に行う連絡を自動的に行えたり、大切な情報を身近なLINEで受け取れたりしたら便利ですよね。「IFTTT」は、特定の条件での連絡や通知を自動化できるアプリです。LINEと連携することで、ルーティンの面倒さを解消できるでしょう。

LINEのトーク履歴が消えてしまった…と悲しい思いをした人も多いはず。万が一の事態に備えて、「Backup Text for LINE」でこまめにバックアップを取りましょう。テキスト形式のほか、見返しやすいExcelやHTML、加工のしやすいCSV形式での保存が可能です。

様々な機能が増えたことでますます手放せなくなったLINE。今回紹介したアプリで、もっと便利に活用してみてはいかがでしょうか。

このテーマで紹介しているアプリ

LINE 既読回避 複数アカウント