趣味と実益を兼ね実践! DIY支援アプリ

Android iOS


休日の趣味として、最近ふたたび人気を集めているというDIY(日曜大工)。引っ越しや模様替えの季節でもある春を迎え、部屋のサイズにピッタリはまる本棚や、好みのテイストの家具を自作してみたくなっている人も多いのではないでしょうか。今回は、初心者にも役立つDIY支援アプリを紹介しましょう。

最初に紹介したいのが「RoomClip 部屋のインテリア、家具、雑貨の写真共有」。DIYや部屋の模様替えの参考になる写真が多数投稿されている写真SNSアプリです。「キッチン」「北欧」「100均アイテム」など、多様なタグが用意されており目当ての画像を簡単に発見できる点が魅力です。まずは目的にあった写真を探し、イメージを膨らませるとよいでしょう。

イメージは湧いてきたけれど、どんな道具が必要なのか、どういった手順で作ればよいかがわからないという、DIY初心者には「Tonty[トンティ]DIY・ハンドメイドで暮らし彩るSNS」がオススメ。アクセサリーから部屋の模様替えまで「モノづくり」全般を扱うSNSの公式アプリです。お手本となる作例が見つかるだけでなく、作り方のレシピも紹介されているのがよいところ。作品で使用した道具や素材を、アプリ経由で購入することも可能になっています。

実際にDIYを行う際には様々なツールが必要になります。たとえば傾きを測る「水準器」のように、中には高価なものやめったに使わないものもあるはず。できるだけ出費を抑えたいなら「ツールボックス」を使ってみましょう。スマートフォンを「水準器」「重錘」「分度器」「ルーラー」がわりにする便利な無料アプリ。DIYのほか、部屋の模様替えなどにも重宝するでしょう。

家具のDIYでは、木材やパネル類を自分でカットする必要も出てきますが、このとき意外と難しいのが三角形のカット。「トライアングル電卓」があれば、現在わかっている2辺とその間の角度というように必要な数値を入力するだけで、カットに必要な残りの数値がわかります。ホームセンターのカットサービスに発注する際も、これがあれば正しくカットしてもらえるでしょう。

最後に紹介する「ねじピッチゲージ:Thread pitch」は、ISOやUSなど複数の規格に対応した、ねじのピッチ(刻み幅)や太さを調べるためのアプリ。特に初心者は長さだけ確認すればOKと思いがち。このアプリを使えば、間違ったねじを使い家具やツールを壊してしまうといった失敗を回避することができます。

以上、初心者から本格派までDIYをしたい人すべてに役立つものばかり。自分だけのオリジナルを追求したい人も、なるべく節約したい人もぜひ使ってみてください!

このテーマで紹介しているアプリ

DIYアプリ 日曜大工 模様替え