そろそろ覚えたい!? 「囲碁・将棋」入門アプリ

Android iOS


現在では世界中に愛好者がいる、古典ボードゲームの代表格である「将棋」と「囲碁」。将棋や囲碁を題材にした映画やコミックもヒットしており、男性のみならず女性の間でも興味を持つ人が増えているようです。今回は、初心者でも簡単に将棋や囲碁のルールを学んだり、セオリーや戦術を身に付けたりすることができるアプリを紹介しましょう。

最初に紹介するのは、将棋の基礎を学びたい人に最適な「将棋アプリ 将皇(入門編)」。将棋のルール、コマの動かし方に加え、基本的な攻め方と守り方まで、スライドショー形式で丁寧に解説してくれるアプリです。実際に対戦しながら将棋のコツを掴むことができる「実戦練習」モードが用意されている点も魅力でしょう。

将棋の基本を学んだら、次は上達を目指し戦術のポイントを知りたいところでしょう。そこで役立つのが、8000以上の問題が収録されている「詰将棋パラダイス」。レベルや問題を考案した作家などの条件で検索でき、自分のレベルに合わせて勉強することができます。パズルゲーム感覚で楽しむこともできるので、暇つぶしにも最適です。

将棋に強くなりたいのなら、やはり実戦経験を積むことが大切。とはいえ、通常の将棋では対局時間も長いため、回数を重ねるのも大変です。5×5マスの将棋盤を使う変則将棋で遊べる「5五将棋」なら、対局時間も短いほか、覚えておくべきセオリーも少ないため、初心者の練習用にはうってつけでしょう。

一方、まったくの初歩から囲碁を学びたい人には「囲碁教室(入門編)」がオススメ。囲碁の基本ルールや対局の流れのほか、「活路」の作り方などが丁寧に解説されているほか、「アタリ」や「コウ」など囲碁に欠かせないポイントについては、簡単な問題集で実際に石を置きながら学ぶことができるようになっています。

囲碁の場合も将棋と同様に、上達するためには実戦がいちばん。黒白双方の「地(囲った空間)」がリアルタイムで色分け表示されるなど、初心者向けの機能が用意されているCPU対戦囲碁アプリ「初めての囲碁」を使えば、ルールがよく分かっていない人でも、対局を通じ囲碁のコツを体得することができます。9×9の「九路盤」と呼ばれる通常よりも小さな盤面を使っているので、対局時間が短い点も魅力です。

ルールは比較的シンプルながら、奥深い世界観を持っている将棋や囲碁。これらのアプリで楽しみ方を学び、趣味の幅を広めてみてはいかがでしょう?

このテーマで紹介しているアプリ

古典ボードゲーム 囲碁 将棋