一目置かれる「仕事の基本アプリ」5選

Android iOS


この春から社会人になる人ならば、スマートフォンの使い方もビジネス寄りにシフトさせたいところ。そこで気になるのが仕事に使えるアプリのチョイスでしょう。一口にビジネス向けアプリといってもたくさんの種類があるため、使い勝手の悪いものを選んでしまうと、仕事の効率にも影響が出てしまいます。そこで今回は、基本となるビジネス向けアプリの中でも、使い勝手がよいだけでなく仕事がデキる先輩たちに選ばれる“通好み”なスグレモノを紹介しましょう。

社会人以外では使う機会が少ないアプリの代表といえるのが、PDFリーダー。PDF化された仕事関連の書類や資料をチェックするために欠かせない存在です。ただ内容を確認するだけでなく、コメントや修正などを加えたい場合には「ezPDF Reader マルチメディア PDF 筆記 書式」が便利。色や太さを自由にカスタマイズできる手書きペンを含む注釈など、とにかく多機能な点が特徴のPDFリーダーです。

スケジュールを管理するカレンダーアプリも、社会人になったら一歩進んだものを使いこなしたいところ。そこでオススメなのがGoogle公式の「Googleカレンダー」。PCとの連携が便利なだけでなく、タスク管理ができたり届いたメールの内容から自動的に予定が登録されたりと、よりスマートにスケジュールを管理できる点が魅力となっています。

挨拶回りが多い新人にとって、特に面倒な名刺の管理も「Eight – 100万人が使う名刺アプリ」があれば安心。カメラで名刺を撮影するだけで正確にデータ化してくれるうえ、オンラインで名刺交換ができるなど、人脈を広げたい新社会人にはうってつけの名刺管理アプリです。

仕事に慣れるまでは業務の優先順位を決めるだけでも一苦労。細かな用事をテキパキと整理し仕事をストレスなくこなしたいなら「Any.DO To Doリスト | タスクリスト」を使ってみましょう。「今日」「明日」「近日中」といった大まかな優先順位を決めることで「今すべきこと」を明確にしてくれるタスク管理アプリです。

社会人にとっては、世の中の最新動向を常にチェックすることも重要な仕事。「カメリオ :キーワードでニュースを集めてくれる情報収集アプリ」を使えば、簡単な操作で業種や得意先などに関連するピンポイントのニュースを効率よく収集することができるようになります。

どのアプリも高機能ながら使い方は簡単なのも魅力。アプリの助けを借りて、一日でも早く“新人さん”を卒業し、仕事をスマートにこなすデキる社会人を目指しましょう。

このテーマで紹介しているアプリ

ビジネス向けアプリ 基本アプリ