「からあげ教」を全国に布教しよう

ハートマークの首輪をつけている母鳥は、タップすると卵の生産スピードが上がります

ゲームアプリ「からあげ教の野望」の目的は、日本全国にひとりでも多く“からあげ教”の信者を増やすこと。からあげをひたすら生産して、信者を増やしていきます。そもそも“からあげ教”とは何なのか? からあげを愛し、からあげを信仰する(架空の)謎の宗教団体なのだとか。

教義は「からあげが好きであること。三日に一度はからあげを食らうこと」「鶏の命に感謝して食すこと」「レモンを勝手に搾られてもキレないこと」「胸肉、モモ肉などの好きな部位や、味付けに関しての議論は歓迎であるが、他者の趣味嗜好を否定するような宗教戦争は禁ずる」「大分県中津市を聖地として敬うこと」…この5つだそうです。

特に操作らしい操作は必要なく、画面上部にいる母鳥に卵を産んでもらいます。その卵がヒヨコから鶏となり、鶏が精肉され、からあげとなって生産されます。母鳥はタップしなくても勝手に卵を産んでくれますが、タップするとやや早く卵を産んでくれるそう。ときどき母鳥の中に突然変異種の鶏が出現、生産されたからあげを奪っていくので、見つけたら連打して倒しましょう。

ある程度の量のからあげが貯まったら、画面左下の「布教」をタップして全国で布教活動を行いましょう。各地で信者が増えるごとにからあげの生産量・生産スピード・母鳥の数などが増加(これを“強化”といいます)。全国に7つの支部があり、北海道支部であれば母鳥の全体数を増やす、関東支部は母鳥1羽の産卵数を増やすなど、各支部で布教時に強化できる内容が異なります。また画面右下の「聖書」をタップすると、これまでの布教履歴が確認できます。

各地の信者が1000万人ぐらいに達すると、かなりの速さでからあげが勝手に生産されます。相当ゆる~い放置ゲームですが、なぜか定期的に開いて確認したくなってしまう不思議なアプリです。

(遠藤麻衣/verb)

7つの支部にバランスよく布教したほうが、からあげの生産性がアップします
「聖書」を頻繁にチェックするようになれば、アナタも立派なからあげ教信者!?

※紹介しているアプリの詳細や価格は2015年05月30日時点の情報です

この記事で紹介しているアプリ

からあげ 唐揚げ