1600年代の江戸を体感できるアプリ

ピンチイン・ピンチアウトの操作で、絵図の縮尺を変えられます

「大江戸ぶらり」は、東洋学の専門図書館・東洋文庫が所蔵する「江戸大絵図」の元禄年間(1688~1703年)頃の高精細なデジタルデータを搭載しているアプリです。

「大江戸大絵図」は4枚1組となっており、すべてを合わせると江戸の町全体が一望できる地図。保存状態がよいうえに、サイズが大きいので細かい文字まで詳細に読むことが可能なのだとか。方角や縮尺、区画なども忠実に反映されている地図で、当時のものとしては完成度が高いそうです。こちらのアプリには4枚のうちの1枚である、江戸城から北へ向かって文京区駒込方面までが描かれたものが収録されています。

アプリを起動すると、「大江戸大絵図」が表示されます。この範囲に実際にいるときは、GPSで絵図上のどこにいるのかがわかり、300年前の江戸にいるような気分を味わえて、なんとも不思議な感じがします。

ランドマークや駅がある場所にはカメラマーク・電車マークのピンが刺さっており、タップするとその場所の情報を知ることができます。画面右下にある地図マークをタップすると、絵図が現代の地図に切り替わります。お散歩のお供にこのアプリを入れておけば、いつもと違った江戸の雰囲気を感じられそうですね!
(遠藤麻衣/verb)

現代の地図に切り替えて見比べてみると楽しいです
各ランドマークの情報が詳細に記されています

※紹介しているアプリの詳細や価格は2015年09月03日時点の情報です

この記事で紹介しているアプリ

地図 大江戸大絵図 江戸