戦場に興奮!大ヒットガンシューティングゲーム

全世界で1億ダウンロードを突破したガンシューティングゲーム

「HIDE AND FIRE – ハイド アンド ファイア」は、全世界で1億ダウンロードを突破したというガンシューティングゲーム。人気の秘密はどこにあるのでしょう? ちょっと遊んでみました。

ゲームの舞台は近未来。市街地や地下鉄駅、工場など、多様な戦場に次々現れる敵を撃ち倒していきます。操作は、画面左下のバーチャルスティックで照準を移動、画面右下の射撃ボタンを押して銃火器の弾を発射します。敵を倒し、撃ち返された場合は、カバーボタンや移動ボタンを押して物陰に隠れて敵の射線から逃れましょう。

照準を合わせ射撃、危なくなったら隠れる。基本はこれでOK。あとは、いかに素早く敵に照準を合わせられるかが腕の見せどころ。スナイパーライフルを使って敵を狙撃したり、アサルトライフルで敵陣に突入して撃ちまくったり、ロケットランチャーで軍事ヘリを破壊したりと、ミッションが豊富で楽しいですよ。それに敵も兵士だけじゃなく、ロボットやドローン、モンスターやゾンビなど、様々なタイプが出現するので飽きません。

もうひとつのポイントは、キャラクターでしょうか。ガンシューティングゲームというと、大抵リアルな戦場を舞台にしたゲームが多く、登場するキャラも歴戦の強者…要は渋いオッサンが多いイメージでしたが、「HIDE AND FIRE」はイケメンと美女ぞろい。そして濃い。主人公のビーストは「戦場のニオイに性的に興奮する」異常者、最初のチームメンバー・シャルロットはドSな美女です。

キャラクターを演じる声優陣も諏訪部順一、津田美波、伊藤かな恵、松風雅也など、いま旬の人たちを集めていて、この辺も人気の理由かも。ポップなキャラと飽きずに遊べる操作性。ヒットしているのも当然ですね。まだ遊んでいない人はチェックしてみましょう!
(森田実)

(C)2016 NEXON Co., Ltd.

主人公のビーストは戦場に性的興奮を覚える変態さんです
いかに素早く敵に照準を合わせられるかが腕の見せどころ

※紹介しているアプリの詳細や価格は2016年10月30日時点の情報です

この記事で紹介しているアプリ

ガンシューティング シューティングゲーム 戦場