オペレーターが名刺を手動入力

オペレーターが名刺を手動入力

名刺の写真を撮ることで、氏名や電話番号、住所などを読み取り、データ化する「名刺管理アプリ」はいくつかありますが、アプリによっては、文字や数字をきちんと認識してくれなくて、もどかしい思いをすることもありますよね。
それならば、「Eight」を試してみてはいかがでしょう。10万人以上のユーザーが使っている無料の名刺管理アプリですが、特長は“オペレーターが人力で入力してくれる”点にあります。

アプリをインストールして起動したら、まずはメールアドレスとユーザーID、パスワードを入力してアカウントを登録しましょう。

さっそく名刺を撮影。自分の名刺や取引先の名刺を撮影し、画像情報をサーバーへ送信すると、オペレーターがデータ化してくれますよ。一度に登録する枚数にもよりますが、ほとんどの場合、当日~翌営業日中にデータ化を完了してくれます。

取引先の名刺を撮影し、「リンク(=名刺交換)をリクエストする」にチェックマークを入れておけば、相手が「Eight」ユーザーでない場合でも、自動でリクエストメールを送信し、相手を招待することが可能。

相手の名刺を呼び出したら、タップするだけで「電話」と「メール」を行うことができてとても便利! また相手住所の「地図」を呼び出してマップで確認することもできます。
人の手によって入力が行われるので、とてもスムーズに名刺を管理することができますよ。運営元のSansanはPマークを取得し、審査機関に認定された運用方式でサービスを提供しているのでセキュリティ面も安心です。たまっている名刺は、これで一括管理しちゃいましょう!

価格:無料
(C) 2012 Sansan, Inc.

※紹介しているアプリの詳細や価格は2013年05月25日時点の情報です

この記事で紹介しているアプリ