LINEのクローンiPhone対策、逆に不便に?

LINEでのやりとりが週刊文春に掲載されたことでも大きな話題となった、ベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不倫騒動。LINEの流出経路は明らかになっていないが、「クローンiPhone」によるものではないかと憶測が飛んでいる。

LINEは基本的に1つのアカウントに対して1つのスマートフォンでしかアクセスできない。しかし、iTunesでバックアップしたLINEのデータを別のiPhoneに復元することで、同じアカウントにアクセスできる「クローンiPhone」を複数個作ることができた。

そんななか、LINE株式会社は2月22日にiOS向けLINEアプリの最新版を公開。同様の手順を踏んでも、新たな「クローンiPhone」を作ることができないよう、仕様変更がなされたことを発表した。

しかし、今回のアップデート内容は、すでに存在している「クローンiPhone」からのアクセスを制限するものではないという。仮に、現時点で「クローンiPhone」からやり取りを盗み見されていたとしても、その状況は変わらないということなのだ。

完全に問題が解消されたわけではない今回の最新版。ツイッターでは、

「プライバシーの観点では助かるし、逆に困る事もあるでしょう」
「使い方次第かも知れないけど、仕事上これができないと、不便な人もいそう。でも、不倫がバレる位なら良いのかな」

と、プライバシー保護という観点で、ある程度は評価しつつも、逆に不便になるのではないかとの声も。たしかに、

「対処されちゃったか、、便利だったのになあ。いい加減LINEは複数アカウントからのログインとログの共有方法を実現させて欲しいよ。。」
「クローンiPhone、お風呂で便利なんだけど。アップデートしなきゃいいのかな?」
「あ~あ。悪用しなきゃ便利な技だったのにな」

といった意見もあり、実際に「クローンiPhone」を使って複数端末で1つのLINEアカウントにアクセスしていたというユーザーもいた模様。また、

「そんなこと出来てたん。 それすら 知らなかった」
「今まではクローン作成可能だったんだ…。こわっ!」
「そもそもクローンiPhoneを知らなかった…」

と、今回の最新版のリリースで「クローンiPhone」の存在を知ったというネットユーザーもいるようで、かえって「裏技」が拡散されるような状況になっている。

盗み見の問題については根本的な解決とは言いがたく、複数端末からアクセスしていたユーザーにとっては不便になったともいえる、今回の最新版。両方の問題が解決されるようなアップデートが今後行われることに期待したい。
(小浦大生)

■関連リンク
・LINE、新規のクローンiPhoneからはトーク内容ののぞき見などできないよう仕様変更 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160223_745065.html
・「クローンiPhone」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3iPhone

LINE クローンiPhone