表裏に2画面 画期的スマホ出現

表と裏の両面にディスプレイがある贅沢スマホ「MUSASHI」
※この画像はサイトのスクリーンショットです

世界的にも独自の発展を遂げたため、“ガラパゴス化”しているといわれてきた日本の携帯市場。スマートフォンがどれだけ普及しようとも、あくまでも昔からのフィーチャーフォン(ガラケー)にこだわる人は少なくないが、両者の良いとこ取りをしたスマホ「MUSASHI」が登場し、話題になっている。

MUSASHIは、「FREETEL」ブランドで携帯端末事業を展開するプラスワン・マーケティングの製品。2つ折りタイプのボディを開くと「上にディスプレイ、下にテンキーボタン」となっており、見た目は完全にガラケーだ。しかし、OSにはAndroid 5.1 Lollipopを搭載。背面にもディスプレイがついており、たたんでいる時はスマホのようにタッチ操作することができる(内側のディスプレイもタッチ操作は可能)。いわゆる「ガラホ」とは異なり、Google Playに接続して好きなアプリをダウンロードできるのも特徴だ。

公式サイトを見ると、「二刀流が、自分流。」とのキャッチコピーがあり、「スマホとガラケーの二刀流」から、二刀流の剣豪、宮本武蔵の名を取ったネーミングであることがうかがえる。3月9日からは予約の受付も始まっており、価格は2万4800円(税抜)で、カラーバリエーションはシャンパンゴールド、ブラック、ホワイトの3色があるという。

この画期的な「2画面スマホ」について、ツイッターには、

「そこまでしてスマホを使わようとする理由とは一体…」(原文ママ)
「ガラケーOSでないのなら、あまり意味無いよね」

と、冷めた意見もあるものの、

「親用にいいかも」
「面白い端末出てきたな~」
「折りたたみ表裏液晶端末かっこいい」
「3大キャリアが何でコレを出さないのかが分からん…」

など、好評なコメントも多数あるようだ。なお発売は3月下旬になるという。
(金子則男)

■関連リンク
・MUSASHI-FREETEL
https://www.freetel.jp/lp/musashi/
・Yahoo!リアルタイム検索 「2画面 スマホ」の検索結果
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?fr=top_ga1_sa&ei=utf-8&p=2%E7%94%BB%E9%9D%A2+%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B

FREETEL MUSASHI ガラケー ガラホ