フランス発格の格安スマホ、オシャレ感が評判

フランスのスマホベンチャー企業「Wiko(ウイコウ)」が、日本市場に参入する。2月14日には、第1弾となる端末「Tommy」が2月25日に発売されることが発表された。

Wikoは2011年に南フランスのマルセイユで創業したモバイル端末のベンチャー企業だ。現在ヨーロッパ、アジア、アフリカの計33カ国で事業を展開しており、日本は34カ国目。歴史こそ浅いものの、フランスではすでにシェア第2位、西ヨーロッパ各国で5位以内に入るなど、急成長を遂げている。

今回日本で発売される「Tommy」は、5インチディスプレーを搭載したSIMフリーのスマートフォンだ。主なスペックは、メモリーが2GB、ストレージが16GB、カメラの画素数はメインが800万、インカメラが500万で、価格は1万4800円。そしてカラーは、トゥルー・ブラック、フラッシュ・レッド、クール・グレイ、ブリーン(青緑)、サン・イエロー、ホットピンクの6色があり、第1弾ではブラック、レッド、ブリーンが発売。Wikoの特徴であるオシャレさが際立つ製品となっている。

様々なメーカーが格安のSIMフリースマートフォンを発売し、激しい販売競争が繰り広げられているなか、そこに殴り込みをかけたWiko。ツイッターを見ると、

「気になる。安い」
「次はコレにしようかな」
「めちゃくちゃティーンにウケそうやなこれ」
「対応バンドも充実しているしシンプルでカラバリも充実。好印象」
「SIMフリー機といえば中国メーカーばっかりのなか、フランス製! しかもカッコいい。いいね!」

と、第一印象は上々。端末デザインに加え、安さも評価されているようだ。

Wikoは年内に、さらに2~3種類の機種の導入も予定しているとのこと。デザイン性はiPhoneのひとり勝ちのイメージがあるスマホ業界だが、フランスメーカーの参入でスタイルを気にする人のスマホの選択肢がひとつ増えたともいえるだろう。
(金子則男)

■関連リンク
・Tommy-Wiko Mobile
http://jp.wikomobile.com/m1563-tommy
・Yahoo!検索(リアルタイム) 「Wiko」の検索結果
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=rts_top&aq=-1&oq=&ts=5839&p=Wiko&meta=vc%3D

Wiko スタイル スペック スマホ デザイン フランス メーカー