LED使用「歩きスマホ向け信号」実験に賛否

歩きスマホで急に立ち止まるのも迷惑なのでやめてください…

「歩きスマホ」による交通事故を減らす装置の実験がオランダで始まり、賛否の声が寄せられている。

『Engadget日本版』によれば、実験が行われているのは、オランダ・アムステルダムの南にあるボーデグラヴェンという町だ。実験では、同町の交差点に「+Lightlines」という埋込み式の信号機を設置。横断歩道を渡る直前に、埋め込んだLEDが緑色ないしは赤色に点灯し、歩きスマホをしている人に信号機の状態を知らせるものだという。

ここ数年で急速に社会問題となった歩きスマホ。交差点に限らず、歩きスマホをしている人に対しイライラしたり、危ない思いをしたりした経験がある人は少なくないだろう。ツイッターを覗いてみると、

「本当に歩きスマホ邪魔だし危ない」
「歩きスマホしてるやつにぶつかられるとクソ腹立つ件」
「ヘッドホンして歩きスマホして後ろから車来てるの気づかないで道の真ん中歩いてるのホント迷惑」
「歩きスマホをもう完全に無くせないとは思うけど、電車乗り込むとこくらいやめろよバカ!!!!!!!って思ったりする」
「前から来た歩きスマホかわしたら横から来た歩きスマホにぶつかった。新手の当たり屋か」

といった声が多く寄せられている。そんななかでの「+Lightlines」の登場に対し、

「先手を打つのはそこなの?」
「歩きスマホの容認方向へ進んだ・・・と」
「ますます増えるんじゃない?」
「論点・対策が破綻してるー! そもそも周囲への注意が散漫になり他者への配慮を放棄した 歩きスマホ 自体が問題なのに…」

など「歩きスマホそのものを禁止すべき」という意見もあるが、同記事によれば実験を行っているボーデグラヴェンの町長は、

「(歩きスマホの)傾向はもう変えられないかもしれないが、少しでも歩行者が危険を予期できるようにしなければならない」

と話しており、

「これは気づきやすい(^ ^)」
「オランダ,色んな面で対応速度が速いし,かなり先を行ってる感ある」
「歩きスマホって、地図アプリで現在地を確かめながら歩く時もやるから、こういうのは歓迎」
「日本の技術があれば、パパッとこういうの都心だけでも付けられると思うので、ぜひ付けて欲しいですよね。 車両にとっては、歩きスマホは危なくてしょうがないので・・・」

など、「+Lightlines」を評価する人も少なくない。

あくまでも歩きスマホをやめるよう啓発を続けるのか、「+Lightlines」のような装置をあらゆる交差点に付けるべきなのか、我々もいずれどこかで選択を迫られることになりそうだ。
(金子則男)

【関連リンク】
■オランダ、歩きスマホ対策の歩道埋め込み型信号「+Lightline」設置。役所はスマホ・ゾンビに苦言も安全を優先- Engadget日本版
http://linkis.com/engadget.com/bhPbb
■Yahoo!検索(リアルタイム) 「歩きスマホ」の検索結果
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2Riol2D06tYQRkAIztol_p7?p=%E6%AD%A9%E3%81%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B&ei=UTF-8

オランダ スマホ 交通事故 信号 歩きスマホ