横浜市 「このごみの捨て方は?」に人工知能が回答

きちんと分別しないとしまいには大変なことに…

横浜市は、ごみの分別方法に対する質問に人工知能(AI)が回答する「イーオのごみ分別案内」という実証実験を3月6日から開始する。

横浜市のごみの分別方法はかなり細かく、「市で収集するもの」は、「燃やすごみ」「燃えないごみ」「乾電池」「スプレー缶」「缶・びん・ペットボトル」「小さな金属類」「プラスチック製容器包装」「粗大ごみ」「動物の死体」の9種類が存在。そのほか、古紙や古布など「地域で回収するもの」、家電など「市では収集できないもの」に分けられている。

これまでもキーワードを入れると、分別方法の候補を示してくれる検索システムはあったが、検索ワードによっては、多数の検索結果の中から利用者が回答を探す必要があったという。

今回の実験は、人間に代わってAIがチャットを行う「チャットボット」というプラグラムを利用したものだ。ドコモが開発した「自然対話プラットフォーム」という技術を活用し、チャットを進めていくことによって合致する回答を表示。横浜市資源循環局のキャラクター「イーオ」が、チャット形式で回答してくれる。

例えば、「豆球の捨て方は?」と質問すると、イーオが「豆球は、蛍光灯?点灯管のどれ?」と回答。「蛍光灯」と答えた場合、「捨てたいものが、蛍光灯なら、捨て方は、燃えないごみだよ」といった具合に回答が表示される。

実験は3月6日から6月下旬までの予定だが、ツイッターには、

「こ!これ!こうゆうの!すごく!千葉にも導入してほしい!」
「こうやって色々と便利になっていく」
「この類の問い合わせ対応はAI化が加速しそうです」

と、期待の声が寄せられている。

「イーオのごみ分別案内」は、横浜市資源循環局のホームページからアクセスすることが可能。うまく稼働し、分別が正確に行われるようになれば、ごみ処理費用の削減も期待できるだけに、成果に注目が集まりそうだ。
(金子則男)

【関連リンク】
■横浜市資源循環局
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/
■Yahoo!検索(リアルタイム) 「分別 AI」の検索結果
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2RCAwhpoLxYAEkAFAFol_p7;_ylu=X3oDMTBhMWkxazZwBHZ0aWQDdHMwMDQ-?p=%E5%88%86%E5%88%A5%E3%80%80AI&ei=UTF-8

ゴミ チャットボット 人口知能 分別 実験 横浜市