スマホでキャップを開ける「スマートペットボトル」が話題

「私たちの生活を変える非常にエクセレントなデバイス」として開発したという ※この画像はサイトのスクリーンショットです(SMART PET BOTTLE公式YouTube動画より)
モーター事業大手の日本電産が3月3日、ペットボトルのキャップを専用スマートフォンアプリによる遠隔操作で開けられるデバイス「SMART PET BOTTLE」を発表した。ネットでは、その性能や活用シーンを紹介したPVが話題になっている。

「SMART PET BOTTLE」は、新しいモーターの可能性を提案する日本電産のプロジェクト「Motorize」の第一弾。ペットボトルのキャップ部分にデバイスを装着し、スマートフォンアプリでOPENボタンをタップすることで、キャップがたちまち開くという仕組みだ。

PVでは、モーターのパワーを調整してキャップを勢いよく開ける「マックスパワー・オープン」、設定した時刻にキャップが開く「ザ・タイマー」、複数デバイスを連動させキャップを同時に開けることができる「インフィニティ・オープン」といった機能を、プレゼンや朝の寝起きなどのシーンを事例に挙げて紹介している。真面目な製品デモ風でありながら、キャップが開くたびに登場人物たちがドヤ顔を決めているギャップも特徴的だ。Twitterでは、

「頭いい人が頭悪いこと考えるの好き」
「日本電産のスマートペットボトル超欲しい。動画が笑える」
「日本電産はもっと真面目な会社だと思ってたけどこういうのやるんですね」
「動画下らなすぎワロタw飯中に、職場で笑いをこらえるのに必死だったわ」

と称賛の声が寄せられている。さらに、

「なんでこういうプレゼンなの(笑)。福祉用途でしょうにーー(笑)」
「そこまで人間、ものぐさになったか?と突っ込むべきか、年寄りなどペットボトルを開けられない介護用品だと思うべきか?」
「動画はただのネタに過ぎないが、電動ペットボトルオープナーは介護用品として需要あるな。握力なくても蓋が開け閉めできる」

と福祉で活用できるのではないかという声も上がっている。

モーターのことをより知ってもらうために、一見モーターとは関係なさそうなものに「モーターという命を吹き込」んでいくという同社。単なるネタ製品に見せかけて実は高い技術で作られており、福祉用途への可能性も感じさせるなど、動画のインパクトは十分。次のスマートな製品にも期待できそうだ。
(山中一生)

【関連リンク】
■Motorize Vol.1 “SMART PET BOTTLE”
http://www.nidec.com/brand/motorize/
■Motorize “SMART PET BOTTLE”
https://www.youtube.com/watch?v=IsuxHRu_Zls&feature=youtu.be

YouTube ペットボトル モーター 動画 福祉 話題