利用者急増「SNOW」約半数は“34歳以下女性”

SNSの自撮りも「SNOW」で加工したものが多い? ※この画像はサイトのスクリーンショットです(SNOW公式サイトより)
ニールセンデジタルが、2017年1月の「SNS・コミュニケーションアプリ」の利用状況を発表した。顔認識のスタンプ機能が豊富な画像加工アプリ「SNOW(スノー)」の利用者が急増していることが明らかになり話題になっている。

調査結果によると、利用者トップ3のSNS、コミュニケーションアプリは、「LINE」(4807万人)、「Twitter」(2392万人)、「Facebook」(2093万人)。それらを「Instagram」(1294万人)などが追いかける構図だ。首位の「LINE」は、半年前の2016年7月と比較して8%増で、安定して利用者を伸ばしているが、特筆すべきは「SNOW」(408万人)。半年前の322万人と比較すると27%の増加で、調査対象アプリの中で最も高い増加率だったという。

男女別年代構成比では、すべてのアプリで18~34歳以下の女性の利用者割合が最も高い結果となった。中でも「SNOW」はその割合が高く、次点である「Instagram」の30%を大きく引き離し、実に54%が34歳以下の女性だった。

「SNOW」といえば、顔や目の大きさ、肌の白さなどの調整や、動物の鼻や耳の合成をすることが可能な顔認識スタンプで、自撮り写真を“盛れる”アプリ。若い女性を中心にSNSで盛んに投稿されているが、今回のデータによってその人気が証明されたかたちだ。こうした「SNOW」の躍進ぶりにTwitterでは、

「スノー強し」
「snowつえー。あの登録まわりの面倒さを乗り越えさせる伝播力の強さは、SNSの覇者たる風格を感じさせる」

と「SNOW」の勢いを指摘する声が寄せられている。一方で、男性とみられるユーザーからは、

「自撮りしないおっさん達には関係ないけど」
「SNOW爆発まだ体感値ないんだよなぁ…。あ、若い女の人とのやりとりがそもそもないからか」

とSNOWの拡大をイマイチ実感できていない声もあった。

また、「SNOW大躍進?Facebookは全盛期のミクシィ以下に…LINEはTwitterの様になりそう…」という声もあり、このSNOWの人気が一過性のものなのか、それともコミュニケーションアプリの定番として定着するのか注目が集まるところだ。
(山中一生)

【関連リンク】
■SNOW公式サイト
https://snow.me/■「SNSやコミュニケーションアプリ」の中で最も利用者増加率が高かったのは「スノー SNOW」~ニールセン SNSやコミュニケーションアプリの利用状況を発表~
http://www.netratings.co.jp/news_release/2017/03/Newsrelease20170307.html

LINE SNS アプリ コミュニケーション スノー 利用者 自撮り