iPhone 8は修理困難?「ヒモつける穴」要望する声

iPhone 8は街の修理店には出せなくなるのか?
iPhoneのトラブルとして頻繁に起こりうるのが「画面割れ」。街にはiPhoneの画面割れ修理を請け負う業者なども少なくないが、次期iPhoneでは公式のApple Storeでしか修理できなくなるかもしれないとの噂が飛び交っている。

ホームボタンが廃止され、前面がフルスクリーンになるとの噂がある「iPhone 8」。これに対し、「GIZMODO JAPAN」は、アメリカのIT情報サイト「MOTHERBOARD」の記事を紹介。ホームボタンの機能がディスプレイに組み込まれると、ディスプレイの修理が難しくなる可能性を指摘しているのだ。

現在iPhoneのホームボタンには、「Touch ID」の指紋認証センサーが組み込まれ、ホームボタンそのものとiPhone本体に登録した指紋のデータがペアリングされている。そのため、もしも故障などでホームボタンを交換したら、「Touch ID」によるロック解除はできなくなってしまう。また、この指紋認証の仕組みは非常に高度化されており、Touch IDと指紋データの再ペアリングはApple以外には行えないという。

もし、次期iPhoneでTouch IDの機能がディスプレイに組み込まれたならば、ディスプレイを交換するとTouch IDが使えなくなってしまう可能性がある。つまり、ディスプレイの交換と再ペアリングをセットで行う必要があるため、「画面割れ」をApple以外の業者が修理することは事実上不可能になるのではないか、ということなのだ。

これに対し、ツイッターでは、

「8には期待してたけど7か7sを買うことにする」
「これだとユーザー離れちゃうだろうな」

と、ディスプレイの修理が難しくなるのはデメリットだと感じる意見も多い。しかし一方では、

「もっと割れにくくしてあげて^_^;」
「全面ガラスはいいけど、コンクリに叩き付けても割れないような仕様にしてほしいよね」
「まあ盗んだiPhoneの部品を使った修理ビジネスなんていう噂も聞くのでしょうがないかなとは思うが、そろそろ落下防止のヒモつける穴開けろや、とも思うw」

など、ディスプレイを割れにくくする、もしくはiPhoneを落としにくくするといった方向性での仕様変更を望むネットユーザーも多いのだ。

たしかに、画面が割れさえしなければ、修理が難しかったとしても、あまり関係ない話。消費者が求めるのは「割れないiPhone」ということのようだ。
(小浦大生)


【関連リンク】
■The Next iPhone Could Put 15,000 Repair Companies Out of Business – Motherboard
https://motherboard.vice.com/en_us/article/the-next-iphone-could-put-15000-repair-companies-out-of-business
■iPhone 8は「画面割れ」もApple Storeでしか修理できない仕様に? – ギズモード・ジャパン
http://www.gizmodo.jp/2017/03/iphone-8-repair.html
■「iPhone 8 修理」での検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=iPhone+8+%E4%BF%AE%E7%90%86

iPhone スクリーン ホームボタン 修理 割れる 画面