バッテリー内蔵のマルチ電源タップ

サイズは150×43×29mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約150g。USBポートの出力は1口あたり最大1.5A、2口合計で2.4Aまで。電源タップ部分は最大1400Wまで。カラーはホワイトとブラックの2色

仕事柄、外回りや出張が多い人は、PCやスマホと一緒にACアダプターや充電器も持ち歩くことが多いはず。しかし、ホテルの部屋や新幹線の車内などでは、たとえ電源が使えたとしてもコンセントの数が足りない、というケースも結構あります。電源タップもあわせて持ち歩ければ解決できますが、そこまでして荷物を増やしたくはないですよね。

そこでオススメしたいのが『世界巡業』というアイテム。2口のコンセントが使える電源タップに、2口の充電用USBポートが付いたもので、1口のコンセントから4つ分のデバイスの電源を取ることができます。

これひとつあれば、USB充電器も不要となり、荷物をスリム化できるというわけ。電源プラグ部分が回転して収納可能なので、そのままカバンに放り込んでも他のものが傷つかないようになっているのが、地味にうれしいポイントです。

もうひとつの特徴が、本体自体に2600mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵しているところ。スマホを1回、充電できる程度の容量なので、モバイルバッテリーとして常用するには難しいですが、出先でいざという時の“命綱”としては十分に使えます。

コンパクトな本体に3つの機能が詰め込まれたこの『世界巡業』、世界を股に掛けたビジネスマンでなくても、ひとつカバンに入れておきたいですね。

(青山祐輔)

『世界巡業』(フォースメディア/実売価格:5378円)

バッテリー内臓電源タップ マルチ電源タップ 世界巡業