スマホと連携する本格ダーツボード

サイズ:W570.6mm×H530.0mm×D41.5mm、重量:3.68kg、ソフトダーツセット×2付属 ※対象年齢16歳以上

2次会の流れで入ることになったダーツバー。「あまりやったことないんだよね」と自信なさげにダーツを投げると、それがど真ん中にヒットする…。そんな、カッコいいシチュエーションを夢見るものの、実際は練習を積まないと真っ直ぐ投げるのも簡単ではないのがダーツ。こっそり練習するにしても、ダーツバーに一人で入るのはなんとなく気が引けます。

それならば、自宅で本格的にダーツが楽しめる『DARTSLIVE-200S』はいかがでしょう。ボードのサイズは15.5インチあり、ダーツバーにある本格オンラインダーツマシンと同じ大きさ。家庭用ダーツボードはダーツが刺さる音が意外と響くものですが、従来の製品を改良することで高い静音性が実現されており、アパートやマンションでも隣を気にせず練習に打ち込むことができます。

さらに、Bluetoothでダーツボードとスマホを接続し、専用アプリで連携させれば、スマホ上でダーツマシンのモニターと同じグラフィックやサウンドが再現可能に。「ゼロワン」や「クリケット」といったゲームモードや、実力をチェックできるトレーニングモードも搭載。コンピュータ対戦ができる「ROBO RIVAL」モードもあり、一人でも実戦に近い練習が可能です。投げたデータはアプリに蓄積され、レーティングも算出してくれるので、自分のレベルを確認するのに役立ちます。

同時プレイは最大8人まで可能。家に友人を招いてワイワイ楽しむのもいいですね。収納付きのダーツスタンドとのセット販売もあるので、インテリアの一部として使うこともできますよ。

(井上マサキ)

『DARTSLIVE-200S』(ダーツライブ/価格:2万4800円)

DARTSLIVE-200S ダーツライブ 家庭用ダーツ