ケブラー採用で丈夫な充電ケーブル

ケーブル内部の信号線をケブラー繊維と束ねたような構造になっている。カラーは、microUSBケーブルが白、グレー、黒の3色、Lightningケーブルが白、黒、赤、青、緑(長さによっては選べない色もある)の5色

スマホユーザーがよく遭遇するトラブルのひとつが、充電などに使うUSBケーブルの断線です。気をつけていても、特にコネクタの付け根の部分は何度も折り曲げられることによって、内部で断線してしまいがち。

そのせいでケーブルだけ何度も買い直している、なんて人も多いことでしょう。「使える」と思っていたケーブルが使えないと、いざという時に困りますし、種類によっては案外高価なので、何度も買っているとお財布に厳しいですよね。

そんな人に朗報なのが、内部にケブラー繊維を使用したAnkerのUSBケーブル『PowerLineシリーズ』です。ケブラーとは、防弾チョッキなどにも採用されていることで知られる強靱な合成繊維で、この製品は数千回の折り曲げテストに耐えているのだとか。メーカーによれば、USBケーブルにケブラーを採用した製品は、これが世界初とのこと。

ラインナップはmicroUSBケーブルとLightningケーブルの両方が用意されており、Android、iPhoneにそれぞれ対応しています。長さはmicroUSBケーブルが90cmと1.8mの2種類、Lightningケーブルが30cm、90cm、1.8m、3.0mの4種類あり。

ケーブルが断線しかかると、接続が不安定になって、時にはスマホ本体が壊れたり、発火したりすることもあります。特にケーブルの取り扱いが乱暴だと自覚がある人は、転ばぬ先の杖として早めに買い換えてみてはいかが。

(青山祐輔)

『PowerLineシリーズ』(アンカー・ジャパン/価格:799円~)

PowerLine 丈夫なケーブル 断線しにくいケーブル