スマホで制御!? 夢の乾電池登場

対応OSは現時点でiOS 8以降。Androidは開発中。価格は1本の一般販売予定価格。2016年2月10日までに予約すれば、本数により20%以上の割引価格で購入可能。配送は4月予定

30オトコが小学生時代にハマったホビーといえばミニ四駆。さらに幼い頃はプラレールに熱中していたという方も少なくないことでしょう。これら電池駆動のおもちゃは電源ON/OFFのみという単純な仕様。それだけに世代を超えてのベストセラーとなっているのでしょう。

しかし、ON/OFFのみでは遊び方の幅にも限界があるもの。せめて前進、停止ができれば車掌になったつもりでプラレールを運行させたり、漫画よろしくミニ四駆をコントロールしたりできるのに…。なんて思ったことは誰しも一度はあるはず。

そんな夢をかなえてくれるのが、メーカーの垣根をこえたモノづくりをおこなうノバルスの『MaBeee』です。MaBeeeはいわばBluetoothの乾電池コントローラー。一般的な単4電池を単3電池サイズの本体に装填すれば、スマホから電池の出力をコントロールできるようになるのです。駆動に乾電池が複数必要なおもちゃや家電でも、その中にMaBeeeを1つ組み込めば制御可能。つまりプラレールやミニ四駆などに、発進や停止はもちろん、微妙なスピードコントロールといったラジコンライクな機能が追加できるのです。

コントロールも、「スマホのシェイク」「スマホの傾き」「MaBeeeとの距離」「音声」「タイマー」などさまざまな手段が用意されているので、古くからの定番おもちゃに新たな遊び方やゲーム性が生まれること請け合いです。

もちろんおもちゃだけでなく「ベッドから少し離れた場所にあるポータブルラジオ」や「テントの外にかけたLEDランタン」など、リモコンがついていない小型電子機器のON/OFFにも利用可能。アイデア次第で夢が広がる未来の乾電池は、現在クラウドファンディングで出資を募っているので、興味がある方は予約してみては?

(熊山 准)

 

『MaBeee』(ノバルス/価格:4860円)

 Makuake(クラウドファンディング申し込み先)

MaBeee マビー 乾電池革命