未来キタ!家中の家電をスマホ操作

サイズ:110×110×35mm、重さ:368g、専用アプリ:iOS5.0以上・Android3.0以上

テレビ、エアコン、HDDレコーダ…家電を買うたびに増えていくリモコン。今時、わざわざ本体に触れて操作するなんてことは考えられませんが、数が多くなりすぎるとテーブルの上がごちゃごちゃしたり、いざ操作をしようと思ったら見当たらなかったり、面倒なことも増えてしまいます。

そんな増え続けるリモコンを1つにまとめてくれるのが、学習型リモコン『eRemote RJ-3』。あらかじめ登録されたものを選択するのではなく、家電のリモコンそれぞれから発する赤外線を本体に記憶させる方式なので、メーカーや型番、年式を問わず、複数の家電を1台で操作できるようになるんです。

本体の操作は専用スマホアプリからWi-Fi経由で行います。eRemote本体には赤外線送信端子が7つ搭載されているため、部屋の適正な場所に配置しておけば、360度どの向きにある家電も反応させることが可能です。さらに、スマホと本体はWi-Fiでつながるため、壁で隔てられた寝室のベッドからリビングの照明を消す、なんてことも可能。外出先からも自宅の家電をコントロールすることもできます。

また、専用スマホアプリにはタイマー機能も搭載。タイマー機能がついていない家電でも、アプリ側で「1回だけ実行」「平日だけ実行」「同じ曜日に繰り返し実行」といったタイマー設定をすることができます。寝る前にアプリをワンタップするだけで空調や照明の電源を全てオフにできるシーン設定機能もあり、これまでのリモコンには無い、柔軟な操作が可能となっています。

寒い冬は、凍えた部屋に1人で帰るのはつらいもの。eRemote本体には温度センサーが内蔵されており、ネット通して部屋の温度を外出先から確認することもできます。会社帰りの電車の中でエアコンの暖房をオンにしておけば、ポカポカの部屋が出迎えてくれますよ。

(井上マサキ)

『eRemote RJ-3』(リンクジャパン/価格:9800円)

eRemote リモート家電 学習型リモコン