ハイエンドなVRを手軽に楽しむ

本体サイズは201.9×116.4×92.6mm、重さは318g。対応機種はGalaxy S6、Galaxy S6 edge

ゲームやエンタメ方面で最近、何かと話題になっているのがVR【バーチャルリアリティ) ヘッドセット。この分野の先駆者、Oculus VR 社の『Oculus Rift』などのハイエンドモデルから、段ボール製で手持ちのスマホと組み合わせて使えるお手軽なものまで、数多くの商品が登場しています。

しかし、ハイエンドモデルは本体価格が桁違いに高くなるうえ、さらに高性能なPC が必要になるなどまだまだハードルが高いもの。そこで一般ユーザーの選択肢は自然とお手軽モデルになるわけですが、頭の動きに対して映像が遅れるためVR酔いしやすかったり、紙製のために装着感が悪かったりすることは否めませんでした。

そんななか、ほどほどの投資で快適にVRを楽しめる製品が、ついに登場。こちら『Gear VR』は、サムスン電子の『Galaxy S6』シリーズなど向けの周辺機器として発売されたVRヘッドセットです。

スマホ本体に専用アプリをダウンロードしてアカウントを作成したら、ゴーグル部分にGalaxy S6シリーズをセットして頭にかぶるだけ。複雑な設定やめんどくさい準備は無用。ゴーグルやベルトの内側は柔らかな素材でカバーされており、重量もスマホと合わせて500g弱のため、付けていても不快な感じはありません。

このGear VRの大きな特徴が、前出のOculus VR社が開発に協力している点。つまり、ハイエンドのVRヘッドセットと同等の技術を使用し、頭の動きに対して映像がスムーズに追従することで、いわゆる「VR酔い」が起きにくく、高い没入感を得られるのがメリット。

さらに、コンテンツについても、専用アプリからはVRに対応したゲームや映像などが有料と無料を合わせて130以上も公開されています。また、リコーの全天球カメラ『Theta S』用のアプリも用意されているので、自分で撮影した360度画像を楽しむこともできます。

気になる価格は、Gear VRのみで約1万5000円。これとは別にGalaxy S6シリーズなどの対応スマホが必要ですが、手軽に本格的なVR体験ができると思えば、そうは高くない価格ではないでしょうか。

面倒なセッティングなどなしに、ハイエンドモデル並みのVRを体験したいという人にオススメのアイテムですよ。

(青山祐輔)

『Gear VR』(サムスン電子/実売価格:1万4680円)

GearVR VRヘッドセット バーチャルリアリティ