電波時計の範囲外でも、世界中で正しい時刻を表示する腕時計

専用アプリ「CASIO WATCH+」は、iOS 7.0またはAndroid 4.3以上でBluetooth 4.0を搭載した機種に対応

バッテリーの充電も時刻の修正も勝手にしてくれる、太陽電池と電波時計の機能を持つ腕時計。メンテナンス無しでも正しい時間を表示してくれるので、忙しいビジネスマンにはうれしいアイテムですよね。

でも、世界中を飛び回る人にとっては、従来の電波時計だとちょっと物足りないのだそうです。なぜなら、電波時計の電波を受信できる地域は日本の他にアメリカ、ヨーロッパ、中国の一部に限られていて、世界全体から見ればまだまだ少数のため。

最近ではGPSの衛星電波を使った、世界中どこでも時間を合わせてくれる電波時計もありますが、高価な上にアンテナの都合で一般的な腕時計よりかなり大きめなので、あまり一般的とはいえません。

もうちょっと手軽に「いつでもどこでも時刻がズレない安心感」を手に入れられないものか…。

そんなニーズに応える腕時計がカシオの『EDIFICE EQB-700D』。スマホに専用アプリをインストールし、『EDIFICE EQB-700D』とBluetoothで接続しておけば準備OK。スマホのGPSで得た位置情報と、インターネットから取得した標準時間によって、タイムゾーンにあわせた正確な時間が設定される仕組み。時刻合わせは1日に4回、自動的に行われるほか、腕時計のボタンをワンプッシュすることでも実行されます。

もちろん、どこでもデータ通信回線やWi-Fiに繋がるわけではありませんが、インターネットに繋がらない場合でもGPSデータが取得できれば、スマホ内の時刻データを使いそのタイムゾーンでのおおよその時刻合わせが可能。だから、世界中のどこでも目的地に着いたら即座に正確な時刻を知ることができるというわけ。

その他、Bluetoothの連携を活かして、時計側の操作でスマホの音を鳴らせるほか、Bluetooth という通信機能に対応しながら太陽電池というのも嬉しいポイント。

ビジネスマンなら、肌身離さずに持ち歩く腕時計とスマホ。その両者を連携させることで、より高い利便性を実現したアイテムです。

(青山祐輔)

『EDIFICE EQB-700D』(カシオ計算機/価格:4万8600円)

EDIFICE GPS 時刻合わせ 電波時計