専用アプリが秀逸!ブレない撮影ができる頼れるガジェット



高画質、高性能化の進むスマホのカメラ。手ぶれ補正も当たり前になり、キレイでブレのない動画が簡単に撮影できるようになりました。でも、そんなスマホのカメラでもやはり限界はあります。例えば撮影者目線の動画を撮りたい場合など、動きながらの撮影では、スマホの手ぶれ補正機能で追いつかないことがほとんど。

そんな時に活躍するのが、撮影時のブレを大幅に抑えることができる機材のひとつ「ジンバル」です。もともとは映画やテレビの撮影で使われるプロ用の機材でしたが、低価格化が進んだ結果、個人でも無理なく買える値段のものが出てきました。

今回、オススメしたいのが『OZMO mobile』。ドローンの世界的シェアをもつメーカーDJIが開発した、スマホ用の電子式ジンバルです。他社製品(のジンバル)と大きく異なるのが、専用のカメラアプリが用意されているところ。このアプリで撮影すると、OZMO mobileと連動して撮影時に便利な機能や、特殊な映像撮影が利用できるのです。

例えば「アクティブトラック」は、画面に映っている被写体を指で丸く囲むとその被写体を認識し、常に画面に映るようにスマホの向きを自動的に変えてくれます。また、時間を短縮したかのような映像となる「タイムラプス」撮影や、おなじみの「パノラマ」撮影もこのアプリによって簡単に撮影できます。

他にも安価なスマホ向け電子式ジンバルはありますが、多くが無名の海外メーカー製のため、機能や性能の説明が曖昧だったり、サポート体制が不明だったりします。しかし、DJIなら日本支社もありサポート体制も充実しているので、その点も安心。

対応サイズ(横幅58.6~84.8mm)内であれば、どんなスマホでも使用可能なので長く使い続けられるこのアイテム。動画の撮影にハマりつつある方には、悪くない投資といえそうです。

(青山祐輔)

『OZMO mobile』(DJI/価格:3万4992円)

OZMOmobile ジンバル スタビライザー ブレの無い動画 手ブレ