スマホの充電もできる モバイルバッテリー付き自転車ライト



自転車で夜道を走る際に欠かせないライト。安全のためにも、遠くまで光が届く明るいものを使いたいですね。

サンワサプライの『800-BYLED6BK』は、付属の大容量モバイルバッテリーから電源を供給しながら使う高輝度の自転車用LEDライト。

その明るさは、高輝度(280ルーメン)、中輝度(190ルーメン)、低輝度(100ルーメン)の3段階に調節が可能。高輝度モードでは150m先まで照らすことができます。また、ライトの上方向の光はカットして道路のみを照らせるようになっているので、対向する人やドライバーに眩しい思いをさせないようになっています。

点灯可能時間は、高輝度モードで3時間30分、低輝度モードで7時間30分もあり、駅までの通勤に使う程度であれば、そう頻繁に充電が必要とはならないはず。

もちろん、これだけでは「スマホグッズ」とはなりません。このライトのバッテリーには出力用のUSBポートが搭載されており、非点灯時には、USBケーブルを使って、スマートフォンなどを充電できる特徴があるのです(ケーブルは付属していません)。

容量は4400mAあり、iPhoneやAndroidなど、たいていのスマホがフル充電可能。ちなみにiPhone 6を残量1%から100%まで充電した場合は、約半分バッテリーを消費するといった具合。バッテリーには残量表示機能が付いており、5段階で残量がチェックできます。

また、LEDライトやバッテリーなどの本体は、雨の日でも安心して使用できる、IPX4の防水規格をクリアしています。ただし、USBケーブルを接続する際は防水用のコネクタキャップを外すことになるので、充電時に注意が必要です。

ロードバイクなどでツーリングをする際も、スマホのバッテリー残量を気にせずGPSナビアプリなどが使えます。暗い夜道を明るく照らしてくれる上、スマホの電池不足にも対応してくれる、頼もしいアイテムですね。

(藤原達矢/アバンギャルド)

800-BYLED6BK」(サンワサプライ/価格:5980円)

800-BYLED6BK LEDライトモバイル モバイルバッテリー