Wi-Fiフリースポットの注意点3つ

野良Wi-Fiタダ乗りするだけでは、現状では不正アクセス禁止法は適用されない。とはいえ、個人情報を盗み取られるなどのトラブルに巻き込まれないよう、信頼できるネットワークを選ぶことが大切です
イラスト/坂本綾子

スマホユーザーならWi-Fiは欠かせない存在。とくに最近は無料のWi-Fiスポットが増えてきていることもあり、出先で気軽に無料Wi-Fiに接続しているという人も多いだろう。だが、無料だからといって安易に知らないWi-Fiに接続すると、思わぬ危険を招くことも。そこで、All Aboutで無線LANのガイドをつとめるテクニカルライターの岡田庄司さんに「Wi-Fiフリースポットでやってはいけないこと」について聞いてみた。

●カギのアイコンのないWi-Fiスポットには接続しない

無料Wi-Fi利用にあたって、大事なのは「暗号化されていないWi-Fi スポットには接続しない」こと。基本的には、カギのアイコンのないWi-Fiスポットには注意が必要。現在の無線ルータは、工場出荷のときから暗号化されているため、カギのアイコンのない(暗号化されていない)Wi-Fiスポットには、不正アクセスやウイルス感染の意図がある可能性が高いのだ。

●Wi-Fiスポットチョイスは暗号化パターン「WPA」を選ぶ

Wi-Fiネットワーク表示画面で確認することができる「None」「WEP」などの表示は、暗号化の種類のこと。セキュリティ対策がされていない「None」と表示されたWi-Fiに接続しないのはもちろんのこと、「WEP」という暗号化にも要注意。カンタンに解読されてしまうため、通信情報を盗み見られてしまうことも。Wi-Fiに接続するときは、暗号化が「WPA」となっているWi-Fiを選べば大丈夫。

●ネットバンキングなど、外に漏れるとリスクの高い情報は通信しない

不正アクセスされる可能性があるフリーWi-Fiスポットでは、「重要な仕事の情報をメールで送る」「個人情報の入ったメールを送る」などの行為は危険な場合も。ファストフード店などにあるフリーWi-Fiスポットでも、上記のような危険性がないとは言えないので、Webページの閲覧程度にしておいた方が無難。ネットバンキングなどはもってのほかだ。

セキュリティをわざと甘くして、接続した人の個人情報を盗むようなネットワークは「ハニーポット」と呼ばれている。「近所の家のWi-Fiがタダでつながる!」なんて喜んで、野良Wi-Fiにタダ乗りしている人は、甘い罠にかかっている可能性も…。痛い目を見る前に一刻も早くやめた方がよさそうですよ!

(有栖川匠)

All About LAN・無線LAN 岡田庄司