位置情報の付いた写真は危ない!?

Androidアプリ「ジオタグ管理」の画面。メールやSNSに送信する前にジオタグを削除しておけば安心

スマホで撮影した写真には、通常、GPSやWi-Fiなどの位置情報(ジオタグ)が付いている。撮影場所を地図で表示できるなど、旅行の記録などに重宝するうれしい機能だ。しかし、自宅で撮影した写真から住所を特定できたり、撮影日の自分の行動が不特定多数に知られたりするため、情報漏洩リスクも以前から指摘されてきた。

とはいえ、大部分のSNSでは投稿時にジオタグが削除される仕様なので、投稿時の情報漏洩リスクは想像するより少ない。TwitterFacebookGoogle+などがそれだ。また、iPhoneの標準メールも同様。では、ジオタグに注意を払うべきサービスにはどんなものがあるのだろうか?

まずはAndroidスマホに標準でインストールされているGmailアプリ。こちらのアプリではジオタグは削除されない。あまり親しくない人と写真のやりとりをするときには注意した方がいいだろう。

また、Google+にはスマホで撮影した写真をすべてアップロードする「自動バックアップ」という機能があるが、これも保存される写真はジオタグが付いたままとなる。通常は非公開なので情報漏洩の心配はないが、自分で公開設定すると、場所情報まで明かしてしまうことになる。

さらにiPhoneの場合、フォトストリームで共有する写真にはジオタグが付いたままとなる。写真を公開する場合には、公開する人の範囲や、自宅で撮影した写真をアップしないなどの注意が必要だろう。

いずれにしても、初めて利用する場合に、投稿した写真からジオタグが削除されているか確認しておくのが得策だ。投稿した写真をPCでダウンロードし、Windowsなら右クリックから「プロパティ」を選択。「詳細」タブの「GPS」という項目に緯度と経度が記載されていれば、ジオタグが削除されずに残っていることがわかる。

そこまでするのが面倒なら、投稿前にジオタグを削除しておくのが吉。Androidなら「ジオタグ管理」、iPhoneなら「GPS Deloger」などのアプリを利用しよう。後者は元の画像を編集するのではなく、ジオタグなしの写真を新たに作成する。さらにカメラの設定でジオタグを埋め込まないようにしたり、ジオタグを埋め込まないカメラアプリを利用するのもいいだろう。

一見わからなくても、写真には自分のプライバシー情報が含まれていることを忘れずに。

(栃尾江美/アバンギャルド)

【スマホ写真のセキュリティ情報を守るなら…コレ!】

●Androidなら!
「ジオタグ管理」…ダウンロードはこちらから⇒クリック!
(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.valtech.geotagmanager&hl=ja)

●iPhoneなら!
「GPS Deloger」……ダウンロードはこちらから⇒クリック!
(https://itunes.apple.com/jp/app/gps-deloger-qininaru-wei-zhi/id531077787?mt=8)

GPS ジオタグ 位置情報 住所特定 情報漏洩リスク