オススメ!「サブディスプレイ化アプリ」

『Komado』をインストールしたノートPCとタブレットを持ち歩けば、出張先でも快適な2画面環境が実現

PCの作業効率がアップするといわれるディスプレイの2台使い。米ユタ大学の研究では、ディスプレイを2台使う人は、1台しか使っていない人と比較して、作業効率が44%高いとの結果が出ている。とはいえ、会社のPCに外付けのディスプレイを付けるのは、なかなかハードルが高いもの。そこで代用として、スマホをPCの“サブディスプレイ”として利用してみてはいかがだろう? 最近登場しているスマホやタブレットをサブディスプレイとして利用できるアプリ、4つをズバッとご紹介しよう!

■「iDisplay(Android対応版:490円/iOS対応版:500円)
PCとスマホ・タブレットなどのモバイルデバイスに「iDisplay」をインストールして、同じWi-Fiネットワークに接続すると、デバイスがサブディスプレイに変身するのがこちらのアプリ。サブディスプレイとしてPCまわりで利用できるのはもちろん、PC1台に対してデバイスを複数台接続できるので、研修やセミナーなどで利用して、全員が手元で同じ画面をチェックすることも可能だ。Windows/Macの両方に対応しているほか、Android版/iOS版があるので、どんな環境においても使えるのも◎。

■「Air Display2(iOS対応版:1000円) ※Android対応版として、「Air Display」が1020円で発売中
PCに「Air Display driver」、iPadまたはiPhoneに「Air Display2」をインストールすれば準備完了。両方を起動させるとPC側が自動的にデバイスを検知する。最大4台のモバイル端末を同時接続が可能なのがポイントで、「動きがサクサクして素早く動く」(40代)と使用感も好評だ。

■「Display Pad(iPad対応版:300円)
使い方は「iDisplay」や「Air Display2」とほぼ同じ。ただし、モバイル端末がiPad、対応PCはMacのみに限定されている。値段が比較的安価なので、Apple製品ユーザーなら気軽に試してみてはいかがだろう?

■「Komado(Android対応版:無料)
Android端末をWindows PCのサブディスプレイとして利用できるのは、日本製で安心感が高い「Komado」。サブディスプレイとして利用するだけでなく、“ミラーリングモード”機能を使うとデスクトップ画面を複数のタブレットへ転送できる。また、最近は高機能化を図った「Komado2」(Android対応版:無料)もリリースされている。

Komado」をリリースしたソフトウェア会社アプトの代表取締役・酒井寛聖氏によると、「PCからサブディスプレイの画面にデータを簡単にコピー&ペーストできるので、サブディスプレイに作成中の資料を表示しながらPCで調べたデータを挿入して使う方が多いです。ビジネスシーンでは少人数でのプレゼン用として使っている方もいます」とのこと。

利用者の声を聞くと「店舗のショーウィンドウにタブレットを置いて、簡易な“電子看板”として利用しています」(30代)、「タブレットをPCの拡張ディスプレイとして利用してスライドショーを表示しています」(20代)、「PCで作業中に離席した状態でも、ミラーリング機能を利用して、離れた場所からでも画像を確認できるのが嬉しい」(30代)など、様々な使い方をしているそうだ。

仕事を効率アップさせたい人、複数で情報共有する場を多く持つ人は、活用してみてはいかが?

(池田園子)

【今回のキーワード】

サブディスプレイ化アプリ

[用語] スマホ・タブレットなどのモバイル端末を、PCのディスプレイの一部として利用できるようにするアプリ。アプリによっては、複数のモバイル端末をPCと連結して、同時に資料を共有できる機能もある。

>>アプリをダウンロードする⇒クリック
【Komado】http://komado.abt.jp/

>>今回のテーマについて教えてくれた会社を知る⇒クリック
【アプト】http://www.abt.jp/

PC サブディスプレイ スマホ タブレット パソコン ビジネス 効率化 外付け